なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2015年11月15日の今日の一杯

東京都新宿区早稲田

10月15日、早稲田にオープン。都電の早稲田や江戸川橋駅などが近い。高田馬場駅からは結構、遠いので注意(筆者は場所がよくわかってなくて高田馬場から徒歩で行ってしまった。)。ここは以前「麺屋哲」があった場所。

「小ラー豚入」(900円)の食券を購入。無料トッピングは店員さんに手渡す際に「ニンニク入れますか?」と聞かれ、ヤサイニンニクアブラでお願いした。無料トッピングを聞かれると同時に「麺硬いですが大丈夫ですか?」とも尋ねられ「はい」とお応えした。後述するが超極太麺の為、しばし待って到着。

丼ぶりが大きい!丼ぶりでかいのでヤサイが山盛りになってないけども、それなりに量はある。アブラはドロリとしたものと大粒のものがのる。スープはよく乳化しており塩気は控えめなややマイルドな印象。そしてなんといってもこのお店の特徴でもある超極太麺。二郎直系では「ラーメン二郎 府中店」が恐らくもっとも極太だと思うが、この麺はそれ以上。個人的にこの麺は”武蔵野うどん”に近いように感じた。かなり太くワシワシしておりやや少し半生的な歯応え。「小ラー」の麺量は350g。この麺は個人的には好きだが、350g食べるにはちょっときつく感じた。豚も増しているだけにかなりの量で、ホロホロとして柔らかで美味しいのだが下味がついていないのか卓上のタレをかけながら食べたが、量を食べるにはちょっと苦しい。

少々苦言を呈してしまったが量さえ気をつければ問題ない。この麺は他の二郎系にも見ない特徴的なもので面白いし。「つけ麺」はラー油色に染まったつけ汁が特徴的で、「追いラー」も可能なこれまた面白そうなメニューで機会があったら食べてみたい。

お店データ

眞久中

東京都新宿区早稲田鶴巻町555-クレール早稲田1F(早稲田)

二郎インスパイアのガッツリ系ラーメン、ワシワシの超極太麺が特徴的。