なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2019年7月4日の大崎裕史の今日の一杯

東京都港区田町

6月上旬に発売され、当初6月末までだったが好評により7月末まで延長となった。6月中に行くタイミングが取れず、諦めていたがちょうど良くタピオカ冷麺の食べ比べができることになった。冷やしタピオカつけ麺1000円。
鶏と鰹出汁に豆乳や紅茶の葉を炒めて香り付けした油入りつけ汁の中にもっちもちのタピオカが入っているのだが物が見えないのが惜しい。
麺もまたタピオカに負けないもっちもち包丁手切り新麺。麺の方には「葱油鶏(ソンユーチー)」がたっぷりのっていて、これだけでもお得感満載。キュウリや漬けレモンが清涼感を増している。
あれ?これ用のスープ割りがあったのかな?(スープ割り用のアーモンドミルクがあったようだ)
しまった、通常のスープ割り(カウンター上にあるポット)をしてしまったのでぬるくなって大失敗(笑)。

お店データ

麺屋武蔵 五輪洞

東京都港区芝5-29-1(田町)

このお店の他の一杯

大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2019年4月末現在約12,500軒、約25,500杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。