なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】麻婆麺 +餃子:サービス券」@餃子の王将 松本島内店の写真12月某日、昼、本日は娘2号のアンサンブルコンサートを鑑賞に「松本市音楽文化ホール」へ。午前中の演奏を聴き終え、午後にチョイと松本で野暮用のある私は離脱。途中昼ラーに突撃したのは近くにあるこちらの「餃子の王将」。

毎月、地方新聞の広告欄に載る期限が今月末までの「餃子サービス券」が2枚あるので使っておきたいし、過日の突撃時に気になっていた「FC松本島内店限定」の品も食してみたい。

11:55着、先客20名以上、カウンターテーブル席に着座、後客15名以上。早速「FC松本島内店限定」メニュー表(店内写真)を検討、前回食った「トマト麺」の次に位置する‘麻婆麺’(463円税別)がなかなかリーズナブルなので、件のサービス券で「餃子」と共にオーダーする。

相変わらず活気にあふれた厨房には次々とオーダーが入るが、スムーズに流れているようだ。「餃子」は2分ほどで到着。もう一枚サービス券があるので、これはこの後の連食時に使用する予定。卓上の「ゆず風味餃子のたれ」が珍しいのでこれをタレにして摘まみながら待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、麻婆豆腐、刻みネギが汁無しの麺にかけられている。ラーメンだと思っていたが、所謂「汁なし」であった。能書きを良ぉーく読むと「麻婆豆腐と麺を組み合わせた汁無し麺」とあった。

早速麺と麻婆豆腐餡を軽く混ぜ合わせてガシッとイク。麻婆豆腐餡は豆板醤系のピリ辛で甘みを伴うテイスト。山椒の香りはほとんど無く、片栗粉のトロミが強めの味わいで、麻婆豆腐としては全体的には今ひとつ単調さを禁じ得ないテイストだが、価格が価格だけに良しとする。これが汁無しの麺と絡む訳だが、汁無し系大好きオヤジとしては十分許せる味わいでなかなか美味いのである。

麺は断面四角のほぼストレートの中細麺。茹で加減丁度良く、モチモチとした食感がイイ。麻婆豆腐餡との絡みもまずまず、スタンダードな中華麺である。

具の麻婆豆腐はトロトロの絹ごし豆腐と豚挽き肉がメイン。絹ごし豆腐はそこそこの量が認められ、なかなか美味い。挽き肉は少な目ながらも入っている。甘辛でトロミもあって普通に美味い。刻みネギの薬味感はスタンダード。

餃子は例によってニンニクが効き、野菜と肉の餡がなかなかジューシー。皮もカリッと焼き上がり、如何にも「餃子の王将」らしいなかなか美味いモノ。

もちろん完食。月2回、新聞に掲載される「餃子無料サービス券」に釣られてまたまた突撃したこちらの「餃子の王将」での「FC松本島内店限定」となる「麻婆麺」。ラーメンだと思って注文したが、汁無しだったというハプニングがあったものの、ピリ辛なテイストは私好みの品。何よりも税込500円のワンコインで食えたところは高印象。この後、市内へ向かうので、残りの「餃子サービス券」も行使すべく「餃子の王将」の連食に突撃だ、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 11件

コメント

まだコメントがありません。