なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「担々麺」@四川乃華 安曇野店の写真3月某日、夜、本日は営業車のスタッドレに刺さっていた釘の応急処置のバーストリスクも考え、高速利用を避けての上田~千曲の下道巡回。松本への帰路の途中、折角なので「らぅめん福助」での夜ラー突撃も、開店20:00~で開いてない。

そこで聖高原~明科経由での安曇野入りしてから突撃したのはこちらの中華料理店。曲がりくねった山道の長時間運転での気付けにと、チョイと辛いものが食いたく突撃した次第。

19:15着、店内満席、中待ち10名に接続、そして5分くらいスタンバった後、テーブル席に着座、後客15名くらい。入口にあったメニュー表(メニュー写真)で決めていた‘担々麺’(800円税込)をオーダーする。「大盛り」は230円もするので却下。

こちら「四川乃華 南松本店」の支店、この店は初めて入ったが、テーブル席中心にかなりのキャパがありそう。ざっと見渡しても全ての席が埋まっている。流石に人気店である。麺類の他、勿論多数の一品料理を取り揃え、週末のディナータイムだけあってファミリー客中心に盛況である。その割に提供が早く、待つ5事分、着丼。

ビジュアルは、挽き肉味噌、ホウレンソウ、微塵切りネギが、オレンジ色も鮮やかな坦々スープに乗っている。

スープから。メニューでは「唐辛子マーク2つ」で中辛程度と推察出来るが、さすがに四川中華料理店、ラー油でのスパイシーさは舌先にもピリリと響き、辛さはデフォでも効きがイイ。辛いモン好きには標準的なスパイシーさで丁度イイ。まろやかな練りゴマの風味も旨味もあり、スープの酸味とのバランスも良好。スパイシーでなかなか美味い坦々スープである。

麺は断面四角のちぢれのある中細麺。茹で加減やや硬めが良く、ラー油や練りゴマの絡みもイイ。麺量はデフォなので、やや少ないが、「大盛り」の230円はチョイとCP的にもヘヴィー過ぎる。

具の挽き肉味噌はポロポロで、甘辛醤油の味付けが美味い。始めはラードで固まっているが、直ぐにスープの熱でほころぶ。ホウレンソウは、メニュー写真ではチンゲン菜に見えたが、代役か?しかし、しっとりとそこそこの量があり、好みなので特に問題無し。坦々スープにも違和感も無し。微塵切りネギは坦々スープと一体感を成し、薬味として効果的に機能している。

挽き肉をサルベージしつつスープ完飲。松本の「四川乃華 南松本店」は、かつてチョイチョイ突撃していたが、近場のこちらは実は初めての突撃。ここでもまずは定番の「担々麺」をイッタのだが、四川中華専門店だけあって、そこそこスパイシーで美味かった。実は「四川乃華」は「あんかけ焼きそば」もウリの品。次回はこいつでも真価を試してみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。