なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「メギスラーメン」@春紀の写真2017年4月8日の昼の訪問です。

この日は金沢・氷見・富山から集まった4人で、水曜・土曜のみ限定15杯という「メギスラーメン」を狙って開店2時間前から並びましたが、自分たちの前に既に常連の方が2人並んでいたのには驚きました。開店までの2時間はその常連の方々から地元のラーメン事情についてリサーチさせていただき、有意義な時間が過ごせました。

その後開店するなり(デフォルトの)塩ダレと薄口醤油ダレで各々2杯ずつ注文させてもらいました。先に食べていた常連客に今期一番の濃さと言わしめた、メギスの焼き干しから抽出された強烈な旨みがあふれるスープを塩と薄口醤油で各々違った味付けで楽しめた上に、常連客の方から入れ知恵されて「甘エビペースト」を途中で投入することでさらに変化をつけて食べることもできました!

加水率の高そうなモッチリとした中太麺と強烈な旨みのスープの相性も良好で、分厚い豚バラ肉のチャーシューも丁寧に調理されていて美味しかったです!それから薬味としてネギではなく三つ葉を使っている点も好印象で、欠点の見当たらない極上の珠玉の1杯(2杯)が楽しめました。ちなみに食べ終わってからも20~30分程度は舌から旨みの余韻が抜けないということからも、いかに強烈な旨みであるかが分かります。

ちなみに塩と薄口醤油の違いとしては、塩の方がより出汁感が感じられるのに対して、薄口醤油の味わいとメギスの出汁の競演が楽しめるという印象でした。もちろん初めて食べる場合は塩を選択すべきで、それ以降のバリエーションとして薄口醤油と合わせてみたり、塩ダレを薄くしてみたりということを常連の方々は日々試しているようです。

余談ですが、新潟ではメギス、富山ではミギスと呼んで普段地元のスーパーで鮮魚や干物として流通しているこの魚は普通に焼いて食べても強烈な旨みが楽しめますが、その場合は旨みと一緒に苦みなどの雑味も味わうことになってしまうので、今回のように旨みのみを抽出して楽しむという行為は、新鮮な状態の生のミギスを入手して焼き干しにする時間と手間がかかるわけで、週に30杯が限界という非日常の味覚と言えるのではないかと思います。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちわ~

コレは美味しそうですね~♪
こちらはお付き合いのあるレビュワーサンのレビュから気になっているんです!
今月も上越便があるんですが時間的にいけないのが残念ですww

バスの運転手 | 2017年5月6日 10:17

こんにちは。
これを狙って行ったんですが、食べそこないました。
強烈な旨みなんですね~
来年、リベンジしたいと思います。

kamepi- | 2017年5月9日 15:01

バスの運転手さん、kamepi-さんコメントありがとうございます。

山奥からこちらに移転して以来、行列がさらに長くなってしまったようで、
この裏メニューに関しては朝9時くらいから並ばないとありつけないのが難点ですが
食べてみる価値はあると思います。限定メニュー以外も相当な美味さなんで
地元の方は閉店間際に行って、あまり待たずに食べているみたいです。

純米無濾過生原酒 | 2017年5月18日 23:26