会員情報流出によりご迷惑をおかけしております。 パスワードのリセットをお願いいたします。
なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ごま味噌らーめん +得セット(ミニ小豚丼、煮玉子)」@本節鰹だしらぁめん めん組 松本店の写真6月某日、昼、本日は松本での研修会、午後も研修が続く中、先輩と昼ラーに突撃したのはこちらの店。かつては東京でも見かけたチェーン店だが、今はここが全国最後の砦となる。

11:40着、先客2名、二人してテーブル席に着座、後客10名。先ずはメニュー検討、すると一時メニュー落ちしていた「超お得なセット」(メニュー写真)が再開されている。

これは「ラーメンにプラス100円で丼物とトッピングの2品が選べる」と言う確かにお得なセット。「大盛り」とどちらにするか迷ったが、あまり好きでは無い「白飯」では無いので、今回はこれでイクとする。

そこてラーメンは未食の‘ごま味噌らーめん’(820円税込)で。そして6種ある丼物から「ミニ小豚丼」を、8種あるトッピングからは「煮玉子」をチョイスする。通常トッピングだけでもプラス100円となる訳なので、ミニとは言え丼物が付くのはやはりお得感がある。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、キャベツ、モヤシ、ノリ、白ゴマ、刻み小ネギ、そして味玉が、赤身を帯びた味噌スープに乗っている。傍らにはサイコロチャーシュー、刻みノリ、刻みネギの乗ったミニ小豚丼が供される。

スープから。白ゴマの浮くガラだしベースのスープは相応の動物感があるシャバ系のスープ。練りゴマの混じったと思われる味噌スープは、味噌ダレの風味はこちらの「味噌らーめん」よりは薄いが、ピリ辛で、ライトなゴマの風味が香る。塩分濃度は抑えられ、正直、練りゴマのテイストもあっさりとしているので、期待したほどの濃厚さは無い。課長のサポートもあり、無難に美味い胡麻味噌スープの味わいである。

麺は断面四角のゆるめのウェーブの入った中太麺。麺は茹で加減丁度良く、プリプリ、モチモチとした食感がある。スタンダードに美味い麺である。

具のチャーシューはこちらの定番の薄切りながらもデカ目な豚バラロールチャーシュー。薄味付けで柔らかく、豚肉の旨味が味わえるモノ。ボリュームはある。メンマは、醤油色に染まり、やや酸味を覚える味付け。キャベツとモヤシは軽く湯掻かれたモノ。キャベツは甘く、モヤシが大勢を占めるが、そこそこの量があり野菜好きには満足出来る。ノリは中ぶり、うっすらと磯風味。白ゴマはプチプチ弾けて香ばしい。刻み小ネギは爽やかな薬味感。味玉は薄醤油味付けで黄身も濃くて美味い。

小豚丼はチャーシューの小間切れが盛られ、ミニとは言うもののご飯の量は私が普段家で食う量よりも多いくらいで結構腹一杯になる。

スープ完飲。松本での研修会の昼ラーで突撃したこちらの店での初食となる「ごま味噌らーめん」、それは練りゴマと味噌がマイルドに融合したライトな胡麻味噌スープに、こちらのプリプリの麺、そしてこちらの定番のデカいチャーシューの装備でイケるスタンダードに美味い一品。何よりもたったの100円で腹いっぱいとなるこちらのお得なセットが復活した事は歓迎したい、、、

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 20件

コメント

まだコメントがありません。