なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「らーめん 中盛(1.5玉)」@麺家 いわいの写真6月某日、昼、本日は午前中に松本の巡回、その後、午後からは我が社の誇る熟女軍団チームとの合同会議に備えてオフィスに戻る途中での昼ラーに突撃したのはこちらの店。

本場横浜での修行経験のある店主が松本にオープンさせた言わば松本における横浜家系ラーメンの走りの店の一つ。信州に多い「吉田家ルーツ店」とは一線を画すテイストは時々食いたくなる事があるのだ。

11:40着、先客5名、カウンターテーブル席に着座、後客8名。こちらの店のメニューは横浜家系ライクの豚骨醤油ラーメンとそのチャーシュー麺の2本立てと潔い。本日も‘らーめん 中盛(1.5玉)’(800円税込)をイク。

沢山いるサーブのオバちゃんをコールして注文。「好み」は全て普通でオーダーする。例によって広い店内には芳しい豚骨と醤油の香りが漂っている。このニオイは豚野郎オヤジのすきっ腹を刺激せずにはいられんのだ。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、ホウレンソウ、ノリ3枚、刻みネギが、程良くチー油の浮く豚骨醤油スープに乗っている。ノリがピンと勃っていないのはこちらのスタイル。

スープから。結構アツアツのスープは豚骨ベースで鶏ガラサポートの本格的な家系ベース。豚骨のコクは十分にあり、動物系のコクは満タンである。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度がかなりのショッパー。こちらの家系スープはどちらかと言えばマイルドなイメージであったのだが、デフォはこんなにしょっぱかったか?しかしある意味本場に近いテイストに回帰した感があり、かなりスパルタンな家系豚骨醤油スープとなっている。美味いのである。

麺は断面四角のほぼストレートな太麺。茹で加減硬めが良く、コシを残したモチモチとした食感がイイのだ。小麦の風味も味わえる。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー、醤油ダレがしっかりと滲み、柔らかで美味いのであるが、小さめなのがチト惜しい。しかし以前はモモ肉だった様な気がする。ホウレンソウはシャキッとした歯応えがあって美味いのであるがチト少な目。ノリは磯風味があってイイのであるが、例によって勃っていないのでスープの関与が早くて萎えるのが早いのが惜しい。刻みネギの薬味感は極々希薄、これももうチョイあってもイイ。

スープは流石にしょっぱいので半分ほど残し。ほぼ一年半ぶりの突撃となったこちらの家系ラーメン、それは豚骨主体の動物系のコクはバッチリ、そしてかなりショッパーに変貌した醤油のカエシが、スパルタンな家系の印象へと変わっていた。これは私的にどちらかと言えばマイルドだった今までのこちらのスープイメージを覆す変貌。これ、イイかもしれない、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

まだコメントがありません。