なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味噌つけ麺 ※クーポンで500円 (大盛り)」@麺匠 真武咲弥 松本店の写真7月某日、昼、本日は松本でのゲンバ仕事、昨日の猛暑とうってかわって雨降りとなり、日中も涼しいかぎり。そんな中、お楽しみの昼ラーに突撃したのはこちらの店。

本日も先日購入したクーポン本「マル得クーポンBOOK」にあったお得な「つけ麺」狙い。こちらの店も、ウリである「味噌」のつけ麺が対象にあったのでヨロコビ勇んで突進する。

13:40着、先客20名くらい、カウンター席に着座、後客10名くらい。週末なので結構混んでいる。早速、おねーさんに件の本の‘味噌つけ麺’(790円税別)が(500円)になるページを開いて注文する。この時、腹ヘリなので、「大盛り」(100円)も忘れない。

こちら、私的好みの「味噌ラーメン」がウリであるからして時々突撃するが、「つけ麺」は初めて。クーポン本によると「12種もの素材を合わせた「秘伝のタレ」を使うつけダレに、魚介の風味をプラス」とある。こちらも十八番の「炙り味噌」なのだろうか?興味は尽きない。そして待つ事15分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、ノリ、刻みネギが乗った麺丼と、ラードの混じった味噌ダレにはサイコロチャーシュー、魚粉、微塵切りのネギが認められる。

早速麺を浸してガシッとイク。つけダレは高粘度のあるドロ系で、さされたラードもあり動物系のコクと旨味があり、濃厚な味噌のコクと風味もタップリ。そこに魚粉が交わり来ると、節系魚介の風味も重なって来る。「ラーメン」と違ってニンニクの関与はほとんど無いが、動物系、魚介、野菜などの重層的な旨味の中に、ピリ辛なスパイシーさも加わっている。また焦がし的な風味は無いので、炙りは無いと思われる。いずれにしても濃厚なコクとテイストが味わえる美味い味噌ダレである。

麺は断面四角のちぢれのある極太麺。茹で加減やや硬めが良く、極太麺故の奥歯に吸い付く様なモチモチとした粘着感がイイ。小麦の味わいもある。「大盛り」の麺量は350gくらいか?食い応えも充分。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは豚ロースチャーシュー。薄味付けでしっとりとしており、実に美味い。つけダレの中にもこのサイコロチャーシューがゴロゴロ入っており、ウレシイ。メンマはやや甘みのある味付けで、サクサクしていて美味い。ノリはパリッと磯風味あり。麺に乗った刻みネギとつけだれの微塵切りネギでの薬味感はバッチリ。ネギ好きにはウレシイ。魚粉での風味が味噌の風味と合わさって効果的。

最後にお決まりのスープ割り。暫くしてから割りスープが器に入って供される。あっさりとしたガラスープで適度に割って完飲。濃厚な北海道系の味噌ラーメンがウリの店での今回は「味噌つけ麺」、濃厚な旨味の詰まったドロ系のつけダレに、ちぢれのある極太麺を合わせたなかなか硬派なつけ麺で実に美味かった。やはりこちらの「味噌」は「つけ麺」でも美味いのだ、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

コメント

まだコメントがありません。