なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【数量限定】激辛みそらーめん (麺大盛)」@本節鰹だしらぁめん めん組 松本店の写真7月某日、昼、本日は松本での研修会、ここの所どんよりと梅雨空の様な天気の続く松本なので、昼ラーには何かガツンとしたラーメンで決めてみたい気分。そこで先輩と突撃したのはこちらの店。

こちら店名にもある様にあっさりとした「本節鰹だしらぁめん 」をウリとしているが、メニューも多岐に亘り、中にはハバネロを使っているというパンチあるスパイシーラーメンもあるのだ。

11:50着、先客3名、二人してテーブル席に着座、後客4名。一応メニューチェック、やはり件の「数量限定」となる‘激辛みそらーめん’(820円税込)をここは「麺大盛」(100円)でイッテみたい。

今回の品、以前に食った事があるが、「辛いモン大好きオヤジ」としてはなかなかの手応えがあった事を記憶する。松本で激辛ラーメンと言えば「凌駕 IDÉA」の「スーパーレッド」があるが、そこまでは辛く無くとも、旨味もあって暑い夏には丁度イイ。そして待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、モヤシ、ノリ、刻みネギが、赤色の香味油の浮く味噌スープに乗っている。

スープから。こちらの豚骨ベースと思われるマイルドな動物系のコクに乗って、結構刺激的な辛さが前面に出た味噌スープ。うっすらとした味噌の風味があるが、どちらかと言えば動物系のコクと辛さが先行する。スープには香味油での辛さに加え、輪切り唐辛子とハバネロ片が混じり、これがスパイシーさに拍車をかける。ジンジン、ヒリヒリとした手応え(舌応え?)のある辛さが続き、チョイと酸味もあり、加えて課長的ウマミも程良く効いているのでグイグイとイケる。実に美味い激辛味噌スープなのである。

麺は断面四角のほぼストレートの中太麺。茹で加減やや硬めが良く、モチモチとした食感がイイ。それなりに激辛なスープなので麺の味わいは判らない。「大盛り」とした麺量は満足出来る。

具のチャーシューは大ぶりな豚バラロールチャーシュー。こちらのラーメンに共通のモノで柔らかくて美味い。メンマはやや甘めの醤油味付けで柔らかサクサク。モヤシは量もありシャクシャクしていて辛いスープの中でしっとり、さっぱりでイイ感じ。ノリはヘタリがあり、磯風味はやや希薄。刻みネギの薬味感はまずまずだ。

スープ完飲。うっとうしい天気が続くのでチョイと刺激のあるラーメンが食いたくこちらで久しぶりに食った「激辛みそらーめん」、それは見た目は真っ赤なスープでは無いが、ハバネロを中心とした刺激的なスパイシーさと旨味のあるスープで、「辛いモン大好きオヤジ」も充分に満足出来る激辛さで美味かった。食中は発汗もあり、食後も胃袋がジンジンしているのが分かる。我が家の家訓「暑い夏は熱いラーメンで制する」に適応した実にHOT&SPICYなラーメンであった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 20件

コメント

まだコメントがありません。