なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「GaGaNaらーめん ホルモン」@GaGana RAMENの写真夏と言えば焼肉…焼肉と言えばホルモン…そう、黒毛和牛ホルモンラーメン!
池袋駅からまぁまぁ歩いて飲食店が何軒か入っているビルの地下にありました、遠目からでも幟が見えるので分かり易いかもしれません。
店内は大衆食堂的な内装でテーブル席もあり、BGMは邦楽ラジオ。店内でテレビが点いてはいましたが音声は無かったです。
「GaGaNaらーめん ホルモン」を注文し調理風景を眺めます、網でホルモンを炙っているのが待ち遠しいです。配膳されると茶系のスープと具で渋い色合いの一杯、もう一つ気になっていた赤ホルらーめんなら鮮やかな色合いなのでしょうかねぇ(笑)

それではいただきます!
スープは先ず最初に大蒜が利いていて、魚出汁の強めな香りと動物系の優しいコクが意外にも(失礼!)上品な合わせスープにしています。
力強いけども変に強過ぎず、とても飲み易いバランスが保たれていました。
私は豚骨魚介スープはそんなに好きではないジャンルですが、予想外の好みの味に一口目で「おおっ?」と思いました。

麺は細くて縮れているかなぁくらいの緩いウェーブ中華麺、スープの優しさと味が合っていて持ち上げも良かったです。
自然にスルスルと入ります(笑)

具は、チャーシュー・麺麻・水菜・葱・キャベツ・海苔・ホルモン。
チャーシューは豚バラの煮豚が二枚、味は無難な醤油ダレの味付けで少し肉のパサつきを感じました。
麺麻はスタンダードな板型で甘じょっぱい味付け、シャクシャクしていてこちらも無難に美味しい。
水菜と葱は食感と香りで良いアクセントになりました、特に葱は最後にスープを味わうのに薬味として良かったです。
キャベツは上からは見えませんが、水菜と葱の下に敷いてあります。スープにはコクがあるのでキャベツも良い箸休めになりました。
海苔は薄いもので、スープの魚出汁とも相性良く美味しかったです。
ホルモンはトロットロに柔らかく調理されており甘じょっぱい味付け、盛付け前に炙ってありましたが黒毛和牛との事で脂もしつこくなくトロットロで美味しかったです!これは頼んだ方が良いトッピングですね、脂はスープに更にコクをもたらしてくれますし。

味を総合して…
『黒毛和牛のトロットロ炙りホルモンがたまらない、しかしそれだけではなくラーメン自体も美味しいお店。』
だと思いました。

ホルモンで勝負する訳ではなく、ラーメン自体きちんと美味しいのでまた来たいと思いました!
私の好きな海老を使った麺メニューも有り、一番のオススメかと思われる辛いのも気になりますし。
ホルモンとラーメン好きな方はドンピシャ、一度食べてみて欲しいですね!
おつまみメニューやお酒もあったので、一杯飲みたい方にも良いかと。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。