なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン 400g アブラ+セルフ辛目」@眞久中の写真早稲田大学での会合後、そのままこちらへ。夏の曇天が続く東京。過ごしやすくはあるが、なんとなく物足りない。しかし、ラーメンを食べるには好都合だ。

食べたのは、ラーメン 400g アブラ+セルフ辛目 850円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/72028145.html

麺は、捻りの入った超極太麺。「眞久中」の麺は、紛うことなき超極太麺だ。デフォルトで頼んだのだが、しっかりコシのある超重量級の麺。小麦がパンパンに詰まった感じの麺で、これは美味しい。日本の二郎インスパイア系の中で最高の麺だろう。

スープは、豚骨、腕肉から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。しっかし煮出してド乳化させたフルボディのスープ。非常にまろやかでありながら、芯を感じる美味しいスープ。若干返しを弱く感じたが、卓上のボトルで調整できる。

豚は、ばら肉ロール。脂は甘いし、赤身はしっかりしている。肉の旨味がほんの少し抜けていたが、それでも二郎インスパイア系の中では一級品の豚だ。

その他、ヤサイが入る。デフォルトで、十分な量。ほぼモヤシだ。トッピングの脂が意外に美味しい。脂が美味しいのは「富士丸」や「夢を語れ」が「二郎直系」を超える美味しさなのだが、「眞久中」の脂もかなり美味しかった。

店内は、カウンターのみ。非常に元気のある接客で好印象だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

まだコメントがありません。