なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ハルピンラーメン そのまま (麺大盛り)」@ハルピンラーメン 塩尻広丘駅前店の写真10月某日、昼、本日は昨日のイベント対応で連泊した名古屋を早朝に発ち、一旦自宅に戻った後、我がチームのおねーさんと塩尻~諏訪への同行巡回。塩尻でおねーさんと落ち合う前の昼ラーに突入したのはこちらの店。

ご存じ諏訪発祥の唯一無二の「ハルピンラーメン」の中信地区2店目の支店。1店目の「ハルピンラーメン 松本並柳店」と共に時々禁断症状の出るラーメンを諏訪まで食いに行かずに重宝するのだが、ほぼ1年ぶりの突撃となる。

13:25着、先客2名、カウンター席に着座、後客7名。早速メニュー表検討、好みの夏季限定の「たれつけ」は終了してしまったので、久しぶりにデフォの‘ハルピンラーメン’(670円税込)を「麺大盛り」(100円)でイッテみる。

以前と違って味の好みが「おさえ・そのまま・こいくち(+30円)」から選択出来る様になり、スタンダードな「そのまま」でオーダーする。因みに「ニンニクラーメン」に相当した「たれこくハルピンラーメン」は「こいくち」仕様になっている模様。供されるジャスミンティーを啜りながら待つ事5分、着丼。

ビジュアルはビジュアルは、チャーシュー、メンマ、モヤシ、ノリ、刻みネギが、唯一無二の「ハルピンスープ」に乗っている。

スープから。「器が熱いのでお気をつけ下さい」と供される様にスープはアツアツ。麺底に「ハルピンダレ」がこずんでいるからして、ハルピンラーメンを食う時のセオリー通りに天地返しの要領で麺をひっくり返す。こうする事によってスープにより均一にハルピンダレを馴染ませてからイクのが流儀である。

豚ガラベースの動物系のコクと魚介の風味をベースにしたスープに、ハルピンダレ特有の「辛味」「甘味」そしてニンニクやコンブなどの「旨味」が混然一体となった味噌とも醤油ともつかない孤高のテイストが拡がる。ハルピンダレの塩分濃度もやや高めで、「ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店」を祖とする「新味」系のスパイシーさがチョイ強めな味わいがクセになってイイのである。相変わらず実に美味いハルピンスープである。

麺は断面四角でちぢれのある中細麺。やや硬めの茹で加減が良く、コナパツとした食感がイイ。ハルピンダレとの絡みも良好、麺にしっかりとハルピンスープを纏ってくる。実に美味い麺である。例によって麺大盛りが標準値。

具のチャーシューは、大ぶりの豚ももチャーシュー。以前は豚ロースチャーシューであったが変更されたのか?しっとり柔らか、薄味の醤油味付けで豚もも肉の旨味が味わえる。これも美味い。メンマも薄醤油味付けの柔らかコリコリで美味い。モヤシはハルピンの定番装備、しっとりでスパイシーさを和らげる。ノリ磯風味あり。刻みネギの薬味感は良好である。

スープ完飲。久しぶりの突撃となるこちらのハルピンにて、やはり久しぶりとなる基本のデフォである‘ハルピンラーメン’をイッタのだが、「辛味」「甘味」「旨味」が混然一体化した摩訶不思議なハルピンスープのテイストは健在でメチャ美味かった。やはりこのスープは時々補給しないと我がラーメン人生には不可欠な品。しばらくはハルピン禁断症状からは逃れられるわ、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 16件

コメント

まだコメントがありません。