なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】赤みそとんこつ みそ煮込みうどんver.」@らーめん 月の兎影の写真10月某日、昼、本日は午前中はオフィスでの内勤、その後、倉庫へ向かい機材物色。そして午後からテレビ会議があるからして再びオフィスに戻る途中での昼ラーに突撃したのはこちらの店。

こちらの店、現在のラーメンブームの話題の一旦を担う「貝系」をいち早く取り入れた「あさり ~潮~」がウリ。しかし「月の満ち欠けラーメン」を称する月替わりの限定も見逃せない。最近チト突撃出来てないのでイッテみる。

11:30着、先客4名、カウンター席に着座、後客10名。先ずはメニューチェック、すると「10月限定」(メニュー写真)の‘赤みそとんこつ みそ煮込みうどんver.’(930円税込)が美味そうではないかい。「大盛り」にしたいところであるが、4桁越えとなるからしてスルー。

今回の品、能書きによると「八丁味噌の割合を多くした赤みそとんこつに、極太平打麺を合わせました。かなりヘビーな一杯になっています。味噌好きな方はぜひ!」とある。そもそも名古屋の八丁味噌好きに加え、味噌ラー大好きであるからして、これはもうイクしかない。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、味玉、カマボコ、シイタケ、ニンジン、サツマイモ、焼きネギ、白髪ネギ、糸唐辛子が、濃茶色の味噌スープに乗っている。見た目は煮込みうどんチックである。

スープから。トロミの強い味噌スープはベースは豚骨と思われ、ヘヴィー・まったりテイスト。合わせられた味噌ダレは、明らかに八丁味噌を使っているのが分かる程に赤味噌特有の風味と酸味が前面に出ており、赤味噌好きにはたまらん味わい。塩分濃度はやや高めも、しっかりと赤味噌の旨味を支えている。味噌ダレにはよく見るとダイスチャーシュー片も認められ、豚骨スープと共に動物系のコクを立たせている。豚骨のコクと八丁味噌の旨味が見事に融合した実に美味い味噌スープである。

麺は、幅1.5cm、厚さ1mm長のゆるいうねりのある極太平打麺。見た目は「きしめん」と言うよりは「ほうとう」に近い極太平打麺。硬めの茹で加減で、ピロピロ、ムチムチとした硬派な歯応えのある麺。濃厚な味噌スープにまみれ、味わいも「ほうとう」に近い小麦感がある。非常にインパクトのある極太平打麺で実に美味いのである。

具のチャーシューは、こちらの常備品である肉厚豚バラ煮豚チャー。ホロホロと柔らかく、豚の旨味が味わえる。味玉も常備品、薄塩仕立ての味付けが、濃厚味噌スープに良く合う。カマボコはプルプルの弾力があり、しっかり美味い。シイタケも柔らかく煮付けられて美味い。ニンジンは柔らかくサクサク、ニンジンの甘味に溢れている。サツマイモもホクホクの柔らかさ、こちらも甘味がある。焼きネギは香ばしさと、焼きが入ったネギ甘味が味わえる。多めの白髪ネギの辛いネギ薬味感と良い対比。糸唐辛子はプチスパイシー。

スープ完飲。ほぼ3か月ぶりの突撃となったこちらの鉄板店での今月の限定である「赤みそとんこつ みそ煮込みうどんver.」。それは豚骨のコクに乗った濃厚な八丁味噌独特の風味と味わいが満載のコッテリ味噌スープに、ほぼ「ほうとう」状の極太平打麺を合わせ、具材も標準装備の豚チャーと味玉に加え、味噌煮込みうどんの具をあしらった、まさに「赤味噌煮込みうどん」のテイストを満喫出来る秀逸な品。こちらの限定品はいつでもクオリティが高いのである、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 36件

コメント

チャーチル・クロコダイルさん、こんにちは。

味噌煮込みうどん(ほうとうもですが)好きなんですよねー。
特にこれからの季節にはぴったり。
ほうとうっぽい麺は、鍋っぽい具とも相性が良さそうです。

P.S.

\横浜優勝!/

ぬこ@横浜 | 2017年10月25日 12:49

ぬこ@横浜さん、コメントありがとうございます。

今回の品も美味かったですねー、私は田舎モンなんでうどんも好きなんですが
この赤味噌煮込みうどん風はスープと言い、麺と言い、すんごくうまかったですわ、、、

本日、日本シリーズのチケット取りに期待していましたが、全て爆砕しました!
横浜入りは成りませんが、テレビで日本一への応援をしますね、、

チャーチル・クロコダイル | 2017年10月26日 21:39