なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「しょうゆチャーシューメン(並) +替玉1玉:サービス券」@丸一らあめんの写真10月某日、昼、本日は午前中は大町の巡回、その後は安曇野のホームセンターで資材を購入して諏訪のゲンバでの軽肉体労働。その途中での腹ごしらえに狙ったのはこちらの店。

大阪出身の自由人の店主が穂高温泉郷の一角にて営む秘境店。不定休で今までも何度もフラれているが、本日はハードスケジュールでギャンブルは出来んので、今回は事前に電話してみる。「やってるよー」と言う事で突撃する。

12:45着、先客無し、カウンター席に着座、後客無し。「久しぶりですー」と場所的にチョイと敷居の高い店であるが、店主は笑顔でお出迎え。メニュー表(メニュー写真)を検討、ここはやはり‘しょうゆチャーシューメン(並)’(750円税込)でイク。

情報誌「Komachi」にあった「0.5玉~1玉の替え玉サービス券」を示して、後ほど「替え玉」にするつもり。「本に載っから忙しいでしょ?」に「全然変わらんよー。その券もニーさんが初めてよ」と相変わらずマイペースでの営業が続いている模様。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、丼を覆う豚バラチャーシューたくさん、メンマ、モヤシ、刻みネギが、ラード膜の張る醤油スープに乗っている。

スープから。豚の皮を長時間煮込んでとったスープは、豚のまろやかなコクと旨味がたっぷり。豚骨とはまた一味違う豚の美味さが凝縮されている。多めに浮かぶラードにはコラーゲンもたっぷりと含まれているのであろう、豚のエキス感に満ちている。合わせられた醤油のカエシはカンロ醤油由来の甘味、旨味、僅かな酸味が醸し出されており、豚のエキススープと融合しての独特な美味さに溢れている。実に実に美味い豚エキスが凝縮された醤油スープである。

麺は断面楕円にも見えるストレートの平太麺。真っ白で、店主に聞くとかん水も玉子も使わない自家製麺との事。茹で加減丁度良く、滑らかでモッチモッチとしたコシのあるうどんにも似た食感の麺。独特の小麦の風味も味わえる。唯一無二の実に美味い麺である。

具のチャーシューは薄切りの豚バラチャーシューで何枚も盛られているのでいくつあるのか数えられん。これも店主に聞くと豚の腕肉の部分と言う事。柔らかく煮込まれ、薄醤油の味付けで実に美味い。脂身も甘味があってジューシーだ。メンマは薄味付けの柔らかコリコリ。モヤシもシャクシャクと柔らか。たっぷりの地物のネギの薬味感も満載。

替玉を頼む。「1玉でも2玉でもいいよー」って、0.5玉~1玉と書いたるじゃん。つつましく1玉でお願い。するとそこに丁度、肉の業者が納品に来たので件の豚皮と豚肉を店と貰う。豚皮は薄く伸ばしたラードの真っ白な帯の様。これがこちらの旨味の源なのだ。とくと拝見させてもらう。

替玉は直接揚げザルから丼に投入される。今度は硬めの茹で加減で、卓上の醤油ダレを追加して味を整える。更には卓上にある真っ赤な韓国唐辛子粉と特製コーレーグースでスパイシー仕様に味変してイク。トウガラシの辛さとコーレーグースの風味がまた豚皮スープを美味くする。

スープ完飲。大町からの帰りに久しぶりに立ち寄ったこちらの店での「しょうゆチャーシューメン」、それは例によって豚皮から抽出されたコラーゲンたっぷりの豚エキススープに甘露醤油のカエシを合わせ、うどんの様な自家製麺に薄切り豚バラ肉がたっぷりと盛られた「豚野郎」大満足の名品。安曇野担当を外れ、アクセスにやや難があってなかなか突撃は出来ないのだが、我がラーメン人生においては欠かせない逸品。また機会を見つけて突撃せねば、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件

コメント

まだコメントがありません。