なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「こってり中華らーめん (麺大盛り)」@本節鰹だしらぁめん めん組 松本店の写真11月某日、昼、本日は午前中は松本のゲンバにてまたしても肉体労働、その後15:00からf我が社の誇るファイブ・ビューティーズ?達との会議を控えているので、その前の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

国道沿いに佇む「本節鰹だしらぁめん」がウリの店。こつこつと通って溜まったポイント券があと一つで20ポイントの満タンとなり、「本節らぁめんサービス」となるので突撃してみる。

14:05着、先客無し、カウンター席に着座、後客無し。取りあえずメニュー検討、「本節らぁめん」は次回食えるので、今回は‘こってり中華らーめん’(650円税込)でイッテみる。朝から肉体労働なので腹が減っているからして「麺大盛」(100円)で注文。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、ノリ、刻みネギが、背脂の浮く醤油スープに乗っている。

スープから。粗めの背脂がびっしりと浮くスープはあっさりガラベースながらもそこそこの動物感がある。背脂自体の甘味がイイ。合わせられた醤油のカエシは塩分濃度は適宜、まろやかな醤油の味わいに、課長のウマミが効いたある意味、昭和の中華そばを思わす好みのテイスト。どこかしら以前食った東京・吉祥寺「ホープ軒本舗」にも似た「背脂チャチャ系」のテイストがある。なかなかウマい醤油スープだったりする。

麺は断面四角のゆるめのウェーブの入った中太麺。茹で加減丁度良く、ツルモチとした食感がイイ。こちらのスタンダードな麺である。

具のチャーシューは薄切りながらもそこそこデカい豚バラロールチャーシュー。ほろほろと柔らか、薄味付けが豚肉の旨味が味わえるモノ。ここのチャーシューは基本的にデカいのがイイ。メンマは、やや酸味を覚える醤油味付け。ビミョーである。ノリは、中ぶりのもの。早期に食わないと蕩けだすタイプ。刻みネギの薬味感はまずまず。

スープは浮いた背脂と刻みネギを回収して少しだけ残し。「本節鰹だしらぁめん」がウリの店での「こってり中華らーめん」、それはびっしりと張られた粗めの背脂での甘味と課長のウマミが効いた「背脂チャチャ系」にも似たウマミたっぷりの懐かしラーメンの味わい。昭和のオヤジには好みのテイストであった。会計時、店主にポイント券を差し出すと、「これ、期限が1年前に切れてます」。「ウソッ!ダメ?」に「新しい券に今日は(ハンコを)2つ押しておきます」。トータル19杯食ったのに、なんてこったい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 20件

コメント

まだコメントがありません。