なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「天津麺 (大盛り)」@餃子の王将 松本島内店の写真12月某日、昼、本日は松本のゲンバでのお仕事を入れる。いよいよ師走に入り今年も余すところ一カ月となってしまった。歳を取ると一年が経つのが早くてかなわんわ。そんな中、昼ラーに突撃したのはこちらの「餃子の王将」。

かつては新聞広告での「餃子サービス券」片手にちょくちょく突撃したが、最近は無くなっちまって足が遠のいていた。しかしながら通し営業だし、リーズナブルなラーメンがあって重宝する店である。

14:40着、先客5名、カウンターテーブル席に着座、後客4名。早速、「12月限定」の「五目あんかけラーメン」が良さげ。そこでおニーちゃんに注文すると「すみません。売り切れです」と言う事。思わず「アウチッ!」

そこでメニューを再検討。中から選んだのは‘天津麺’(540円税込)。これを「大盛り」(100円)で再注文する。ヨメが時々、家で天津丼を作るのであるが、実は我が人生で未だ「天津麺」を食った事が無い。と言う事で、この歳になって人生初の「天津丼」体験とイク。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、白っぽい餡かけのかかった玉子焼き(これ、かに玉か?)が、醤油スープに乗っている。

スープから。ガラだしのあっさりスープからはふんわりとカツオ節の魚介風味が香る。合わせられた醤油のカエシは濃い色の割には塩分濃度は抑えられ、野菜由来の淡い甘味と適度な課長にサポートされている。所謂和風醤油の味わいがあり、「餃子の王将」でデフォの「醤油ラーメン」を食った事が無いのだが、これがベースになっていると類推する。なかなかイケる醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中細麺。茹で加減やや硬めが良く、ツルツル、モチモチとした食感がイイ。北海道産の国産小麦と言う事、なかなか美味い麺である。

具の玉子焼きには塩味の餡かけがかかっており、玉子がふわとろ、玉子の味が濃い。中身の具材は、カニ?、キクラゲ、ネギが少量づつ。カニは良く見るとほんの僅かの破片が認められ、モノホンのカニなのか、はたまたカニかまなのかは、あまりにも少量過ぎて駄舌には分からん。が、カニっぽい味はある。キクラゲは千切りでコリコリ。ネギが文句なく美味い。この玉子焼きが醤油スープと混じって、バカウマなのである。

スープほぼ完飲。チョイと遅めの昼ラーに突撃したこちらの「餃子の王将」での人生初の「天津麺」。それは玉子の味が濃いふわとろの玉子焼きが、醤油スープに乗ったシンプルな品ではあるが、カニ、もしくはかにカマの含有量は少な目でかに玉とは呼べないものの、玉子の味が濃く、醤油スープとの相性バッチリで実に美味かった。今更ながら「天津麺」の美味さを思い知った感あり。この内容でのデフォでの540円はCPも良く、好印象の「天津麺」であった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

コメント

まだコメントがありません。