なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「コク旨まぐろ醤油ラーメン」@スシロー 安曇野穂高店の写真12月某日、本日から年末年始休みの始まり。夕飯は久しぶりに家族が揃い、棒茄子も出ているからして恒例の回転寿司に行く事に。いつもは「無添 くら寿司 松本渚店」なのであるが、娘1号が「スシロー」のアプリを入れてある、と言う事で、予約をして突撃したのはこちらの「スシロー」。

娘たちは依然回転しない寿司屋を知らない。そこで我が家で寿司屋と言えば「くら寿司」か「かっぱ寿司」で「スシロー」は近くに無くて行った事が無い寿司屋。私も含め、初の「スシロー」突撃となる。

19:10着、先客たくさん、5分程待合コーナーにてスタンバイ後、テーブル席に着座、後客たくさんたくさん。いつもの「無添 くら寿司 松本渚店」には無いメニューを中心に食い進める。ここで気になるのは〆ラーメン。メニュー表(メニュー写真)には3種類が乗っている。先ずは一安心だ。

10皿程食った後に〆ラーとしてオーダーしたのはトップに位置する‘コク旨まぐろ醤油ラーメン’(330円税別)。ネットで調べると「スープは“焼きまぐろオイル”をベースに、香川県小豆島にある老舗醤油醸造所の「生搾り醤油」と、10種の魚介系原料を合わせて仕上げられている」と言う事。美味そうだ。そして待つ事10分、レーンに乗って到着。

ビジュアルは、マグロの竜田揚げ3個、白髪ネギ、刻みネギが、醤油スープに乗っている。

スープから。10種の魚介からの出汁と言う事で、期待を寄せていたのだが、確かに魚介っぽいベースを感じるが、正直、我が駄舌にはそこまでの多層的な出汁感を拾えんわ。因みに10種の魚介とは「まぐろ」「かつお」「さば」「メルルーサ」「あじ」「あご」「いりこ」「ほたて」「あさり」「昆布」と言う事。「メルルーサ」って何だ?加えて「焼きまぐろオイル」も残念ながら分からん。合わせられた醤油のカエシはやや甘味のある醤油感で、なかなか美味いのであるが、「生搾り醤油」のインパクトは希薄。普通に美味い魚介系醤油スープである。

麺は断面長方形のゆるいウェーブのかかった平太麺。やや硬めの茹で加減が良く、パツモチとした食感がイイ。おそらく冷凍麺と思われるがね食感はなかなか良好。麺量は80gくらいか?寿司の〆としては丁度イイ。

具のマグロの竜田揚げは、生姜醤油のタレに付けたマグロを揚げたモノ。なかなか美味い。白髪ネギと刻みネギの薬味感はまずまず。

スープ完飲。夕飯に家族で突入した「スシロー」での〆ラーメンでイッタ「コク旨まぐろ醤油ラーメン」。触れ込みの「焼きまぐろオイル」と「10種の魚介」のスープに大いに期待したのであるが、残念ながら貧食の我が駄舌には上手く拾えず。私的には同列のラーメンとしてはいつもの「無添 くら寿司 松本渚店」の「7種の魚介醤油らーめん」の方が好みである。

ともあれ、昼に連食での「らあめん 寸八 総本店」でのラーメンが今年の食い納めとしていてのであるが、結果として、今回の「スシロー」での〆ラーメンが2017年の食い納めラーメンとなった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。