なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
88

「らーめん 替玉」@渡なべの写真前回のお店で豚骨魚介が物足りなかったので、ちょっと久しぶりにこちらへ来てみました!
以前こちらでいただいた時はまだラーメンをあまり食べていない頃だったので、今改めて食べてどう違いを感じるかという事も含め。

外観は相変わらずひっそりとしていて独特の雰囲気、内装は茶が基調で木目を活かした造り。
BGMはヒップホップなのが意外でありながらもしっくりきています。
「らーめん」を注文し待ちます、配膳されるとシンプルな盛り付けに良い香り。以前と殆ど変わらず同じ状態のものだと思われます。

それではいただきます!
スープは一口目から節の香りがグワッと強めで、豚骨が上品に円やかなコクを出しています。
飲み易くもインパクトは強い味、印象に残って食べ易い…つまり中毒性の高いスープ。
こりゃあ人気出る訳だ…。

麺は自家製らしく、中太のストレートで全粒粉入りでした。スープに負けない存在感がある味と香りでとてもバランスが良かったです。
替玉は博多豚骨ラーメン風の細麺ストレートでこちらも全粒粉入り。香味油の様なものと葱が少しかかっていました。
こんなに主張の強いスープに細麺が合うのかと疑問に思いましたが、食べた瞬間に「こっちの方が好きだ!」となりました(笑)
出来るなら最初から細麺を選びたいくらい。

具は、ちゃーしゅー・メンマ・ねぎ。
ちゃーしゅーは豚の臭みが全く無く、肉も旨味があって噛むと豚肉の味がしっかりと感じられるものでした。シンプルで美味しいちゃーしゅー、こういう当たり前に見える美味しいものを提供するあたりに貫禄を感じます。
メンマは板状の特大サイズ、しかもそれが数枚!こんなに入ってましたっけ?(笑)とても柔らかくはなっていますがやはり噛み切ると歯間に繊維が…、そして一口では大き過ぎる…しかし味は良い。特徴的ではあるし味は良いですが、何ともコメントが難しいメンマ。
ねぎは青葱と白葱で、麺に絡み良い風味と食感を与えてくれます。スープの風味とも合っていましたし量もちょうど良かったと思います。

味を総合して…
『ありふれた豚骨魚介の様で、実は繊細に作り込まれたらーめん。』
だと思いました。

私は元々豚骨魚介スープがあまり好きではなかったので、数年前に食べた時は他のお店との違いはそんなに分かりませんでした。
しかしあえて今食べてみると…節系の香りが強烈という印象は変わりませんが、豚骨の臭み無いクリーミーな優しさやちゃーしゅーの肉本来の旨味もしっかりと感じられます。
一度食べたら満足という作りではなく、何度も足を運んでもらえる様な飽きない味の構成。そうも感じました。
こちらは限定を食べた事が無いので、次は限定もチェックして食べに来たいと思います!

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

コメント

まだコメントがありません。