なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「五目ラーメン (大盛り)」@慶楽の写真2月某日、昼、本日は朝イチから昨日諏訪の現場でカタを付けておいた資材の撤去に立ち会い、その後は松本のオフィスに戻ってのミーティング。その昼ラーに突撃したのはこちらの食堂。

ここの所、飲み会やら娘2号の付き添いやらで出費が続き、本日の財布の中身が乏しいからして、昭和の価格で大盛りまでも食えてしまうこちらでイクしかない。

11:40着、先客無し、四人してテーブル席に着座、後客3名。先ずはメニュー検討、本日はこちらの私的ベストラーメンである‘五目ラーメン’(550円税込)を「大盛り」(50円)でイク事に。

店内では平昌オリンピックのスノーボード男子ハーフパイプ決勝が映されている。昭和のオヤジはスキーをやるものの、スノボ経験は無いのであるが、2回目で一位の平野の金メダルの活躍に応援したい。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、豚肉、煮玉子、シイタケ、キャベツ、モヤシが、塩スープに乗っている。

スープから。細かな油が多数浮くスープはガラだしながらも、ウルトラあっさりとした動物感でかなりスッキリとした口当たり。合わせられた塩ダレも塩分濃度は抑え目で優しく、カドが無い。そしてなんと言ってもイイのが、具として煮込まれているシイタケの風味がスープに溶け込み、さながらシイタケ出汁のあっさりとした味わいが実にイイのだ。更にキャベツからの甘味や、煮玉子からのコクも交わり、ウルトラあっさりながらもなかなか味わいのある塩スープで美味いのである。

麺は断面四角のちぢれのある太麺。茹で加減硬めが決まり、ゴワゴワ、ボソッした食感がなかなかイイのである。例によって昔ながらのかん水の香る麺もイイ。「大盛り」は2玉での50円増し、昭和価格でCP良好だ。

具の豚肉は小間切れ肉、スープと共に煮込まれ固まっているが、スープにイイ味出しの役目。煮玉子はそのままドボンとスープに落とされ、白身は固まっているが、黄身はとろ~りと溶け出す茹で具合。この黄身が美味い。シイタケは肉も厚く、前記の如くスープに風味を醸し出す。これが美味いのだ。キャベツは良く煮込まれて甘味がある。モヤシもシャクシャクでイイ。

スープ完飲。チョイと金欠で突撃した昭和価格のこちらの食堂での「五目ラーメン」。それはシイタケ出汁の効いたあっさり塩スープでイク地味目な五目ラーメンであるが、何故かこの素朴な味わいが昭和のオヤジにはしっくりと来て美味いのだ。食後も見続けたスノボの決勝は最後にS・ホワイトの逆転勝ちで、平野は惜しくも銀メダルに。これだけが残念だった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 19件

コメント

まだコメントがありません。