なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「大盛り」@中華そば 大石家 飯田店の写真3月某日、昼、本日は二日間に亘る飯田でのイベント応援に我がチーム3名も馳せ参じてのバックアップ。そしてお楽しみの昼ラーに単独突撃したのはこちらの「大石家」。

「大石家」と「家」が付くものの、所謂横浜家系では無く、お隣岐阜県・多治見に本店を構える「大石家 本店」の信州にて数店舗が増殖している暖簾分け店の一つ。

13:45着、先客2名、カウンターテーブル席に着座、後客1名。早速メニュー表(メニュー写真)検討、と言っても、「大石家」では「中華そば」の系統で勝負しているからして、ここはいつもの‘大盛り’(950円税込)をオーダーする。

こちらの店、かつての飯田担当時代には何度か突撃していたが、ほぼ10年ぶりの突撃となる。「大石家」と言うとチャーシューダレを基にした醤油のカエシをガラスープで割ったシンプルな味わいの「中華そば」がウリの店であるが、やはり店ごとにビミョーにテイストが違う。その食い比べも楽しいところ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー4個、カマボコ、メンマ、刻みネギが、たっぷりの黒っぽい醤油スープに乗っている。

スープから。たっぷりと満たされたスープはアツアツで、口内軽度に火傷る。やはり熱いラーメンはイイ。あっさりのガラだしスープで割られた黒醤油のカエシは黒っぽい見た目に反して塩分濃度は適宜、味醂由来の仄かな甘味も感じられる。チャーシューダレをベースにしている、と言われる様に「大石家」ならではのふわり香るとショウガの香りに乗った動物系のコクと入り交じった黒醤油の風味と味わいがしみじみと横たわっている。あっさりなのだが、この風味ある醤油の香りがイイのだ。実に美味い醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいちぢれのある中細麺。たっぷりのスープに泳ぐ麺は加水率やや低めの麺で、茹で加減やや硬めが良く、チョイとコナモチとした食感がイイ。醤油スープとの絡みも良好、スルスルッとイケる。「大石家」らしい美味い麺である。

具のチャーシューは厚さ1.5mm超の豚バラチャーで一枚、と数えるよりは一個と数えるべきボリュームのあるチャーシュー。周囲に軽く焼きが入っておりカリカリ、脂身はトロトロジューシーで醤油ダレが香る美味いモノ。定番のカマボコはプリプリしていて美味い。メンマはメンマ風味が香る薄醤油の味付けのごん太タイプ。サクサク、コリコリとした食感がイイ。多めの刻みネギは薬味感が良好に効いていてイイ。

多めのスープは少しだけ残し。久しぶりの突撃となったこちらの「大石家」での「大盛り」。それは「大石家」らしい肉厚のチャーシューが4個装備され、チャーシューダレの黒醤油のシンプルな香りと味わいを楽しめる一杯。ややもすれば中信地区の「大石家」のチャーシューが最近薄くなった感がある中、こちらの一杯は初期の「大石家」の肉厚感を継承している逸品と言える、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。