なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「濃厚魚介わんたんめん」@瞠 池袋店の写真雲呑、好きなのですけどなかなか「これだ!」というものに出逢わないラーメンの具。
そして皮や包み方や餡もそれぞれ個性的で、「おおぅこれはなかなか…」というところまではあってもドンピシャというものはそう無い。先日も牡蠣の雲呑をいただいたのですが、何か腑に落ちなくて…。

の で!
渡なべさんの関連店でこちらは雲呑があったな…と思い出し来てみました。

外観は和食屋さんの様な雰囲気、そして中へ入ると案外奥に広く店内待ち席も長めに用意してあり人気がうかがえます。
内装は自然色を基調とし黒めの木を使っていて、照明も暗めでBGMは洋楽バラードと混雑していても落ち着いて過ごせる空間になっています。
カウンターと椅子は高めに作られていて、待ち席から見ると食事中の方は少し違う場所に居る様な雰囲気。
食事中の方と待っている方の両方にストレスにならない様に配慮された造り…、かと思うのは考え過ぎでしょうか。
少なくとも私はそう感じました。

今回目的の「濃厚魚介わんたんめん」を注文し配膳されると、正に渡なべだなぁという感じの渋い盛り付け。

それではいただきます!
スープは高田馬場よりもやや薄めな印象、薄いのは節の風味…かな?
まぁ比較して薄めというだけで、普通に考えたらそこそこ濃厚なスープです。
豚骨と鶏も使っているのでしょうか、動物系白湯は臭みが全く無いのでとても上品です。
後半に卓上セットの辣油を少し入れると抜群の相性、薄めに感じた部分が穴埋めされ個人的な好みではこれが完成形といった感じです!
一口目の印象は軽くて心配でしたが、最後までいただくのに程好い濃さでしたし辛味も合って良いですね。

麺は中太のストレート麺で、スープの吸いが良くムチッモチッとした食感。
適度な噛み応えがあり重過ぎず、量の割にはサラッと食べられます。

具は、ちゃあしゅう・めんま・葱・のり・わんたん。
ちゃあしゅうは厚めで肉の食感がしっかりとあるものでした、脂もそれなりにありましたが然程気にならず。
めんまは板状の大きめなもので部分的にかなり硬いところも少しあり、個性的ではあるがもう少し完成度が高いと良いなと思いました。
葱は長葱でしたがスープと合う薬味でした。
のりは向こう側が透ける様なもので、あえて乗せなくても良いかなと。
わんたんは餡に挽き肉以外にバラ肉を刻んだものが入っていて食感を楽しめる仕様でした。皮は薄くはなくこちらも噛んで味わうタイプ。食べるという事に比重を置いたわんたんでした。

味を総合して…
『量の割には優しい味の濃厚魚介ラーメン、わんたんは噛んで味わうタイプでこれも食べ応えあり。』
だと思いました。

店内の雰囲気も含め、落ち着いた味わいでしたね。
今回はわんたん目的で来ましたが、わんたんは他には無い食感だったのでわんたん好きな方におすすめ。
他の方が食べていた煮干次郎らーめんが気になったのでまた来たいと思います。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。