なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「白湯そば ワンタン」@おおぜき中華そば店の写真以前から気になっていた有名店へ来ました!

外観は目の前まで来ないと、通りからではちょっと分かりにくいですね。
店内は年季を感じる風合いで多くの方が来られているのだなと感じます。BGMは洋楽ロック。

清湯にしようかと思いましたが気分的には白湯だったので、「白湯そば ワンタン」を注文。
調理風景を眺めていると、「えっ…」というシーンがありました。その一杯は他の方へと運ばれた訳ですが、私のところへ来たらどうしていただろうか。

それではいただきます!
スープは塩気が強めで魚介出汁も香る白湯、鶏と豚という事ですが臭みは全く無くサラリと飲み易いものでした。
器の底にフライドオニオンが入っていましたが、効果は殆どありませんでした。

麺は中細の縮れですが、サラサラスープの絡みはイマイチかと。
あと大盛りを注文しましたがかなり量が少ないですね。数回すすって殆ど無くなりました、他のお店と比べて半分まではいかずともなかなか少なかったです。

具は、焼豚・メンマ・ネギ・小松菜・海苔・なると・ワンタン。
焼豚は低温調理の豚と鶏もも肉の醤油ダレ風、豚は厚みがあり塩味もしっかりしていて食べ応えあり。鶏は醤油ダレの味が照り焼きを思わせる風味で柔らかい。
メンマは穂先の長いタイプで柔らかく味もしっかり。
ネギは小葱でスープによく合う薬味。
小松菜は食感が楽しめる茹で加減で良い箸休めになりました。
海苔となるとはこちらの盛り付けのトレードマークですかね?味は普通でした。
ワンタンは餡を味わうのに比重を置いたタイプで、豚と鶏の合挽きですかね?鶏軟骨が入って黒胡椒がかなり利いていました。皮はたなびかない硬めのもの。

味を総合して…
『麺の少ない無化調白湯ラーメン。』
だと思いました。

これといった特徴は無く無難に美味しい、そして無化調で後味がサッパリ。
ただスープや具の塩気が全体的に強めで喉が渇きましたね。
何より値段の割にかなり麺が少なく、スープメインで味わいたい方向けなのかなと。しかしながらスープは塩気が強くあまり進まなくて殆ど残した状態。

盛り付け時の事とか麺の量とか考えると、ここはもういいかなぁ…と(笑)
有名店の味を確かめられて良かった、という事で。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。