なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味噌ラーメン ※豆板醤カスタマイズ (大盛り) +餃子:㋚券」@テンホウ 松本渚店の写真5月某日、昼、本日は松本でのミーティング、午前中はテレビ会議に終始し、午後からの会議に備えて同僚たちと昼ラーに突撃したのはこちらの「テンホウ」。

今年の春先にテンホウグループで実施されていたスタンプラリーで「餃子サービス券」をゲットしていたからして、ここで使っておきたい。

11:40着、先客3名、三人してテーブル席に着座、後客15名くらい。メニュー表を検討、今だゴールデンウィークの休みボケが抜け切れていないからして、好みの‘味噌ラーメン’(510円税込)を「大盛り」(100円)にて、卓上にセットされている「特製豆板醤」で「スパイシーバージョン」としてイッテみたい。

おばちゃんをコールしてこれを「餃子サービス券」と共にオーダーする。隣の先輩も「餃子」を注文。この「特製豆板醤」、こちらの私的Bestメニューである「チャーメン」のスパイシー味変には欠かせないアイテムであるが、こちらの味噌ラーメンにも物の見事に合致するのである。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、モヤシ、ワカメ、コーン、刻みネギ、そして後入れした豆板醤が、味噌スープに乗っている。餃子は一人前6個で供される。
 
先ずは特製豆板醤を良く良く溶け込ませてからスープから。ガラだしにうっすらと魚介も香るスープに合わせられた味噌ダレは「3種類の味噌のブレンド」という事で、信州味噌べースのまろやかな風味とコクがある。そこにただ辛いだけでは無く、旨味がたっぷりの豆板醤でのウマ辛さが融合。匙3杯分入れたのでスパイシーさもそこそこ効いており、いつもの味噌とは違うスパイシーウマ辛味噌の味わいが実にイイ。

麺は断面四角のちぢれのある中細麺。茹で加減やや硬めが良く、コナモチとした食感がイイ。「テンホウ」のスタンダードな麺であるが、今回のスパイシー味噌スープとの相性も悪くない。

具のチャーシューはいつもの豚バラロールチャーシューで普通に美味い。モヤシはしんなりシャクシャク、味噌スープには良く合う。コーンも普通に甘い。ワカメも味噌スープには良く合い、私的好みの品。刻みネギの薬味感はまずまず。

餃子は「テンホウ」ならではのニンニクでは無く、シナモンや八角などのチョイと漢方的な独特な風味のある品。皮が部分はカリカリともっちり、具が肉と野菜のトロトロジューシーなテイストがなかなかイケる。

スープはほんの少しだけ残し。ゴールデンウィークの休みボケを完全払拭すべく、いつものテンホウで好みの「味噌ラーメン」を「特製豆板醤」にてスパイシー仕様でイッタのだが、あっさりコクあるテンホウの味噌スープに、ウマ辛な豆板醤のスパイシーさが見事にマッチ。適度な発汗もあり、ボケも多少なりとも解消で来た様な気がする。サービスのシナモン香るオリエンタルジューシーな餃子も美味かった。何れにしても「テンホウの特製豆板醤」は万能である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 83件

コメント

まだコメントがありません。