なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「強烈煮干しそば (大盛:無料)」@凌駕 IDÉAの写真5月某日、昼、本日は午前中に松本のゲンバの巡回を済ませ、オフィスに戻る途中に昼ラーとする。連休以降、今ひとつ並に乗れないベイスターズも昨夜は勝利し、気分は軽い。突撃したのはこちらの鉄板店。

移転前の「凌駕IDEA」時代より私的に市内では「麺肴 ひづき」と並ぶ2大鉄板ラーメン店であるが、ここの所チョイと足が遠のいていたので久しぶりに突撃してみる。

13:15着、先客6名、カウンター席に着座、後客10名くらい。取りあえずメニュー表を検討、多岐に亘るメニューに少々悩んだ後、こちらの私的Bestメニューである‘強烈煮干しそば’(780円税込)にキメ。

手元ブザーでおねーさんをコールして、これを「大盛り」でオーダーする。相変わらずの「大盛無料」が「麺クイオヤジ」にはウレシイところ。ところで今回の品、「醤油」「塩」「味噌」「豚骨」など数あるラーメンメニューの中では断トツの一杯。久しぶりの実食に待ち遠しい。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、キャベツ、ホウレンソウ、刻みネギが、黄褐色の豚骨煮干しスープに乗っている。

スープから。こちらで「豚骨」に区分されるスープは、ところどころ銀色の煮干し粉が混ざり、その含有量もかなり多めにあり、エグミ、ライトなニガミも叩き込まれている。従って煮干し感はベースのまったりとした濃厚な豚骨の動物感ともほぼ同等に対峙している。動物感たっぷりながらもクサミを抑えた豚骨と、ガツンと効いた煮干しが絡み合い両者の旨味がたっふり。合わせられたカエシの塩分濃度はやや高めも、その醤油感が動物感と魚介感をキッチリと纏めている。シュアーな豚骨と煮干しの旨味が楽しめる実に美味い豚骨煮干醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。加水率やや低めの麺は茹で加減やや硬めが良く、しなやかな弾力を伴うパツパツとした歯切れのある食感が実にイイ。細麺に濃厚な豚骨煮干しが良く絡む。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラ煮豚チャーシューで、薄醤油の味付けが良く、弾力があり、柔らかくて実に美味い。メンマは薄醤油味付けで柔らかコリコリの食感、メンマ本来の風味を残す好みの品。キャベツは柔らかパリパリ。スープに浸し、しんなりと甘味が出てから食うのが美味い。ホウレンソウはしっとりながらも歯応えがあってイイ。刻みネギはの薬味感はまずまず。

スープ完飲。例によって丼底にはザラつく大量の煮干粉が認められる。久しぶりにこちらの店の私的Bestメニューである「強烈煮干しそば」をイッタのだが、好みのまったりとした豚骨感と、エグミを効かせたガツンと効いた煮干し感が濃厚に融合した至極の一杯。まさにギンギンに煮干しが効き、ショッパーなテイストは、信州のニボラー好きの為にある様な絶品なのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 17件

コメント

まだコメントがありません。