なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】カレー豚骨そば :かた +替玉:バリかた」@きまぐれ八兵衛の写真5月某日、昼、本日は2日間に亘った安曇野でのイベントも終り、会場撤収作業の肉体労働。例年より早めに終了し、帰宅の途中での夜ラーに突撃したのはこちらの鉄板店。

最近立ち読みした地方情報紙の「コマチ」のカレー特集に出ていたこちらの限定「信州スパイスカレーラーメン」が狙い。近年目覚めつつある「カレーラーメン」をこちらの豚骨コラボでの提供という事で外せない一杯である。

19:15着、先客20名くらい、カウンター席に着座、後客20名くらい。早速、件のメニュー表(メニュー写真)を発見、本では「信州スパイスカレーラーメン」とあったが、それと思しき‘カレー豚骨そば’(830円税込)に決め。

おねーさんを呼んで注文、この時、麺の硬さを問われたので「かた」で。どうやら麺は博多麺らしい。「替玉」(100円)の表記もあるので、後ほどイク。本では「クミンやコリアンダー、フェンネル、カルダモン、ターメリックなど14種類のスパイスを配合」とあった。なかなか本格的なカレーが期待出来そうだ。そして待つ事13分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、ほぐしチャーシュー、メンマ、モヤシ、ミズナ、カレー粉のかかった刻みネギ、辛味油が、カレースープに乗っている。

スープから。弱粘度のトロミが入り、ベースはこちらの「本白味」の豚骨スープで、適度な豚クサミを孕んだ豚骨のコクと旨味がガッチリとカレーのテイストを底固め。もうこれだけで90点はクリアーだ。そのカレーの味わいは濃厚にしてなかなかスパイシー。哀しいかな私の駄舌では「カレー」の類を一切語れないのであるが、実に美味いカレーの味に、オイリーな辛味油でのコク、旨味、そして辛味が増幅され、重厚にして多様なスパイシーさが被さったスパイシーなカレーの味わい。「きまはち」らしい濃厚な豚骨の味わいに、スパイシーなカレーが合体した実に美味い濃厚カレースープである。

麺は断面丸めのストレートな細麺。やはり加水率少なめのやはり博多麺で、「かた」の茹で加減が良く、ホキホキとした食感が実にイイ。細麺にトロミのあるカレースープもどっぷりと絡んで来る。小麦の味わいもしっかりとする。カレースープにも良く合ういつもの実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラチャーシューで、柔らかく豚の旨味が味わえる。ほぐしチャーシューも装備されており、カレーが絡んでこちらも美味い。メンマはコリコリの歯応えのある醤油味付けでこれも美味い。モヤシも違和感無し。ミズナはシャッキリしていてサッパリ感を演出。刻みネギは多めにあり、カレーに負けないネギ薬味感が効いていてイイ。香味油は辛味のみならず、甘味、旨味も含まれてコクが増す。おまけになかなかのオイリーさが良かったりする。

途中で「替玉」を「バリかた」でオーダーする。30秒ほどでフィードバック、ホキホキとした硬めの食感もカレースープにも良く合う事、合う事。

スープ完飲。いつもの豚骨の鉄板店で情報誌での「カレーコラボ」での「カレー豚骨そば」。それはこちらのウリである濃厚な豚骨スープに、スパイシーにしてデリシャスなカレーを掛け合わせた濃厚豚骨スパイシーラーメン、と言った味わいで「豚野郎」としても大満足のメチャンコ美味かった。今回の品、「6月限定」で「きまはち家 たすろう商店」でも提供との事。次回はこちらで食ってみたい、、、

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 67件

コメント

まだコメントがありません。