なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「白らぅめん ※スープ:こってり & 麺:バリカタ」@かくれ助屋の写真6月某日、夜、本日は休日、先日買った娘2号のパソコンをセットすべく、午後から長野へ飛ぶ。何とかセットアップも終了し、2号と夜ラーに突撃したのはこちらの店。

北信を中心に展開する博多豚骨ラーメンがウリの「助屋グループ」の一員。かつては松本にも「助屋 松本本店」があったのだが、未訪のまま同じ系列の「麺匠 佐蔵」に変わってしまった為、初の助屋突撃となる。

19:50着、先客7名、二人してテーブル席に着座、後客5名。券売機(メニュー写真)上のメニュー(同)にて「助屋の定番!」である狙いの‘白らぅめん’(750円税込)をプッシュ、「替玉」もあるが、先に「蔵出し味噌 麺屋竹田」で食っているので後ほど腹と相談する。

券を渡す時、「白黒赤らぅめんのみスープと麺が選べます」という事で、「大将の食べ方」(メニュー写真)を参照して「スープ:こってり、麺:バリカタ」でオーダーする。加えて「ライス無料」という事であるが、当然パス。「本場博多の豚骨ラーメンを信州に広げ、定着させた立役者」である助屋だけに期待は募る。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、キクラゲ、ノリ、刻みネギが、白濁した豚骨スープに乗っている。

スープから。「こってり」選択ながらも油浮き少な目の白濁した豚骨スープは、私的好みの「きまぐれ八兵衛」に比べると濁々感は無いものの、炊き出し感はしっかりあり、ライトな豚クサーなカホリを放つピュアなコッテリさがあってクリーミー。なかなか濃厚な豚豚感を感じる。イイのである。合わせられたカエシの塩分濃度はやや高めで、キリッと締まって豚骨の旨味を支えている。豚骨のクセを抑えながらもなかなかの押しがあるクリーミーな豚骨スープで実に美味いのである。

麺は断面四角のエッジの立ったほぼストレートな細麺。加水率は少な目ながらも、麺表面がツルッと滑らか。「バリカタ」の茹で加減が硬めに決まり、エッジの効いたシャキシャキ、コキコキの食感がグンバツにイイ。実に美味い麺である。

具のチャーシューは博多系には珍しくなかなか厚みのある豚バラロールチャーシュー。味付けがしっかりとされ、柔らかくて美味い。キクラゲは千切りで、コリコリとした歯応えが抜群にイイ。ノリの磯風味はまずまず。刻みネギは多めにあって、良好な薬味感を発揮する。

スープ完飲。長野の娘2号のところに寄ったついでの夜ラーに突撃したこちらの店での「白らぅめん」。それは白濁した炊き出し感のある豚骨スープながらも豚のクサみを抑えてクリーミーでコクのある豚骨スープに、エッジの効いた加水率少な目の麺の組み合わせで実に美味かった。中信の豚骨の雄、「きまぐれ八兵衛」に比べると洗練された豚骨スープであるが、豚のコクは詰まっており、長野での博多系では間違い無くトップクラスの豚骨ラーメンだと思う、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。