なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「すた麺 (麺大盛り)」@さくら食堂の写真7月某日、昼、本日は梅雨明けの好天から一転、3日間降り続く雨の中、松本から諏訪への巡回。諏訪の巡回を終え、再びオフィスに戻る途中の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

諏訪「麺屋さくら」のグループ店の新店で、「すた麺」や「馬力とんかつ定食」などをウリとする「ガッツリ系の麺と飯」を謳うラーメン食堂。今年冬に「麺屋さくら 茅野店」に突撃した際、アナウンスされた店と思われる。

13:30着、先客7名、カウンター席に着座、後客無し。早速メニュー表(メニュー写真)をチェック、「馬力とんかつ定食」も美味そうだが、チョイと高いのでここは「こってりスープ」の‘すた麺’(760円税込)を「大盛り」(100円)でイク。

この「すた麺」、能書きでは「豚骨と鶏がらを高圧力で炊いた濃厚スープにたっぷりの豚バラ肉とモヤシ等をのせたガッツリラーメン アクセントは自家製マー油」とある「麺屋さくら」のフラッグシップラーメンと言ってもイイ一杯。私的好みの豚バラ肉が盛られているのがイイのである。待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、たっぷりの豚バラ肉炒め、モヤシ、メンマ、刻みネギ、焦がしマー油が、背脂の浮く豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。少しくの背脂が浮くスープは豚骨のコクと旨味があり、動物感はしっかりある。合わせられた醤油のカエシは例によって塩味を前面に押し出したテイストでチョイとショッパー。しかしながら、課長的ウマミと豚の旨味とマッチしており、私的には丁度イイ塩梅で問題無し。やがて回しかけられた焦がしマー油のガーリックが効いたビターテイストも融合し、シャープな「ガーリックビター豚骨醤油」、と言ったなかなかパンチのある味わいがあり、実に美味いのである。

麺は断面長方形のほぼストレートな太麺。茹で加減やや硬めが良く、ツルツル、コナモチとした張りのある食感と歯切れ感が実にイケる。「自家製麺」という事で、小麦の味わいも味わえる。実に美味い麺である。「麺大盛り」が正解である。

具の豚バラ肉炒めはうっすらとガーリックが香る塩味付けが良く、チョイと硬めに炒め煮込まれているが、焦がしマー油でのガーリックとのタッグマッチでスタミナパワーを発揮している。ボリュームもあり、パンチがあって美味いのである。モヤシはシャキシャキ、こちらもボリュームがあってイイ。メンマは薄味付けのサクコリコリ食感で美味い。刻みネギの薬味感もまずまず。

スープ完飲。諏訪での昼ラーに突撃した「麺屋さくら」のグループ店で肉に特化したラーメン食堂での「すた麺」。それは「麺屋さくら」のウリの一杯らしく豚バラ肉炒めとモヤシがたっぷり盛られ、プチビターな焦がしマー油のかけられたガッツリラーメンで、チョイショッパーな豚骨醤油のスープと張りのある自家製麺も共に美味かった。他のメニューも試したくなる。諏訪でのラーメンにまた使える新店が増えたのだった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

まだコメントがありません。