なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ぶたそば (麺大盛り)」@さくら食堂の写真7月某日、昼、本日は諏訪へ松本の我が得意とする超肉体労働日。諏訪のゲンバで重量物を一人で設置後、次の松本へ向かう途中での昼ラーに突撃したのはこちらの店。

私的好みの豚バラ肉がガッツリ盛られた「すた麺」をメインとする「麺屋さくら」系列の「ラーメン食堂」。前回ウリの「すた麺」でイッタので、今回は豚骨大好き「豚野郎」として気になる一杯をイクつもり。

13:45着、先客3名、テーブル席に着座、後客無し。取りあえずメニュー表検討、「こってりスープ」から狙いの‘ぶたそば’(730円税込)をイク事に。午後も超肉体労働が待ち受けているからしてここは「麺大盛り」(100円)で注文する。

今回の一杯、能書きでは「豚骨スープに背油とイリゴマ 旨み溢れるこってりラーメン」と言う事。この歳になっても今だこってりラーメン大好きであるからして「背油」のキーワードに期待は高まる。夏バテ防止にもオイル補給とイッテみたい。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、キャベツ、ノリ、大量のゴマが、背脂の混じる豚骨スープに乗っている。

スープから。うっすらとガーリックの香るスープは、上澄み部分が背脂とラード膜に覆われていて、かなりオイリー。しかしながらこの歳になってもアブラ大好きの私的にはジャスト・ミートでイイ感じ。背脂とラードによる豚の甘味を伴ったまったりとしたコクと旨味満載で、ふるふると打ち震える様な美味さがある。カエシの塩分濃度はやや高め、加えて課長の働きぶりも部長級で押しが強めのスープ。そこに炒りごまが半端無く多く、ゴマの香ばしさもほとばしる。豚のオイリーなエキス感が十分に堪能出来る実に美味い豚骨スープである。

麺は断面長方形のほぼストレートな太麺。前回の「すた麺」と同様の麺で、中加水で茹で加減やや硬めが良く、例によってツルツル、コナモチとした歯切れ感のある食感が実にイイ。小麦の味わいもバッチリと味わえる。マジで美味い麺である。「麺大盛り」も満足出来る量。

具のチャーシューは豚バラロールチャーシュー。ホロホロと柔らかく、箸で摘まむと崩れるほど。薄味付けで豚バラ肉のジューシーな旨味が楽しめる。メンマは薄甘醤油の味付けの柔らかコリコリ食感、美味いのである。キャベツはしんなりと柔らかで甘味がいっぱい、これもイケる。ノリの磯風味もまずまず。前記の如く炒りごまが半端無く多く、プチプチと口内で弾けまくって芳ばしい。

スープ完飲。諏訪から松本での超肉体労働に備え、夏バテ防止とカロリー補給を兼ねての昼ラーに突撃したこちらの店での「ぶたそば」。それは大量の背脂とラードに覆われたオイリー・ハイな豚骨スープで豚の旨味と甘味がたっぷりと楽しめ、例によって「自家製麺」の麺との組み合わせも決まって実に美味かった。この「ぶたそば」、まさに「豚野郎」としては狂喜乱舞の美味さの豚骨ラーメンである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

コメント

まだコメントがありません。