なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「赤丸新味 :バリカタ ※豚チャー +替玉 :ハリガネ ※㋗券」@博多一風堂 松本店の写真8月某日、夜、2日間に亘っての我が社の爺やと共に横浜~東京のオヤジ珍道中も、本日は築地の「寿司大」~池尻大橋「八雲」での美味いワンタン麺のグルメをもって終了。「あずさ」に乗って信州に帰還する。

爺やとは岡谷で別れ、松本駅に着いた後、夜ラーを食ってイク事に。幾つかの候補の中、「携帯クーポンで替玉無料!」となっているこちらに突入する事に。チョイと腹ヘリともなっていたので、丁度イイ。

20:20着、先客3名、カウンター席に着座、後客3名。先ずはメニュー表検討(メニュー写真)、中からレギュラーメニューで未食の‘赤丸新味’(820円税込)を「バリカタ」でイク。携帯クーポンでの「替玉」は後ほどに。

「チャーシュー選べます!」という事で「豚チャーOR鶏チャー」には当然「豚チャー」で。今回の品「オリーブ香油と辛味噌を加えることで、いくつもの味の奥行きと調和を楽しめる一杯に。コクと深みを追求し、豚骨ラーメンの可能性を広げた“革新の味”です」と言う事。スパイシー仕様は初なので楽しみだ。そして待つ事4分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、キクラゲ、モヤシ、辛味噌、刻みネギが、オリーブ香油の浮く豚骨スープに乗っている。

スープから。細かな背脂の浮くスープは、ベースは「白丸元味」と思われ、クサミの無い滑らかな豚骨の旨味がある。初食で判らんが、オリーブ香油はもっとマー油っぽい黒いオイルかと思ったが、濁りは無く、ガーリックの香りも無いが、逆にオリーブの香りがフワッと立ち、これはこれでイイ。辛味噌を溶いてみると、淡い豆板醤由来のスパイシーさが拡がるが、辛さはほとんど無い。良く見るとスープには刻みタマネギも含まれ、この甘味がイイ。正直、私的にはもっとスパイシーさにパンチがあってもイイが、美味い豚骨スープではある。

麺は断面四角のストレート細麺。「バリカタ」での硬めの茹で加減は良く、ホギホギとした食感がイイ。「白丸元味」とは違う角麺らしいが、やはり経験値が無いので良く判らん。しかし、豚骨スープに合う美味い麺ではある。

具のチャーシューは、豚バラロールとロースの2種類。豚バラは脂身がジューシーでなかなか美味い。ロースも柔らかなで、豚の肉質感を味わえる。どちらも薄味付けで、違った部位の豚肉の旨味を味わる。キクラゲは千切りでコリコリ、豚骨には必須。モヤシはシャクシャク。辛味噌は前記の如く、スパイシーさは穏やか。刻みネギの薬味感はまずまず。

途中で替玉を「ハリガネ」でコール。15秒ほどで刻みネギが添えられてフィードバック。こちらは丸めの極細麺で、粉っぽさを残すホキホキの食感が実に良く、ここでデフォの角麺との食感に違いがある事が判る。この比較がイイ。

スープ完飲。二日間に亘る横浜~東京の爺やとの珍道中の夜ラーに単独突撃したこちらの「赤丸新味」。それはおそらく「白丸元味」に辛味噌でのスパイシー仕様を絡めたプチスパイシーラーメンで美味かったが、私的にはもっとスパイシーさにパンチがあってもイイ。一風堂での経験値が少ない中、豚骨大好き「豚野郎」としては、無難に美味い豚骨ラーメンであった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

まだコメントがありません。