なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】濃厚つけ麺 (大盛り(麺2玉))」@テンホウ 松本渚店の写真8月某日、昼、本日は松本でのポリコムを使った全社朝礼。その後のテレビ会議が長引き、午後イチからのスカイプ会議の合間の昼ラーに同僚たちと突撃したのはこちらの「テンホウ」。

12:00着、先客12名、3人してテーブル席に着座、後客15名以上。取りあえずメニュー選定、別メニューの初お目見えの「期間限定」である‘濃厚つけ麺’(780円税込)が美味そう。(メニュー写真)

デフォでも「1.5玉」という事であるが、腹ヘリなのでこれを「大盛り(麺2玉)」(100円)で注文する。他の二人もこれに追随する。この品、「濃厚魚介ベースにがっつり太麺!」と何ともシンプルな謳い。しかしながら見た目が魚粉の山があったりしてチョイと初期の「六厘舎」っぽくて良さげ。そして待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚が乗った麺皿と、豚骨魚介のつけダレには味玉、魚粉、ノリ、刻みネギが認められる。魚粉はノリに乗って無いので、湿っている。

早速麺を浸してガシッとイク。所謂「豚骨醤油」ベースのつけダレで、「濃厚」とはあるものの、粘度は高いものでは無く、サラッとした口当たり。しかしながらこちらのデフォの「つけ麺」に比べると、動物系のコクが加わり、魚粉の効果も加わって動物系、魚介系の“濃度”は高い。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度はやや高め。そして酸味と甘味を排したテイストは、魚粉の香りをストレートに楽しめて私的好みの味わい。なかなか美味い豚骨醤油のつけダレである。

麺は断面長四角のゆるいちぢれの入った平太麺。前回食ったデフォの「つけ麺」と同じ麺で、冷たく〆られ、ツルツル、パツパツとした食感がイイ。なかなか美味い麺である。やはり「大盛り」とするのがボリュームが増してイイ。

具のチャーシューは好みの豚バラチャーシュー。薄醤油ダレの味付けがシンプルで美味い。味玉がデフォで装備されているのがイイ。うすあじつけでこちらも美味い。前記の如く魚粉がなかなかの効果を発揮、つけダレ全体をコントロールしている。ノリの磯風味はまずまず。刻みネギの薬味感は良好に効いている。

最後にスープ割り。例によってカップに入って提供される。和風の魚介ダシで、適度に割って完飲。いつものテンホウで初めて出会った「濃厚つけ麺」。それは柔らかな動物系スープをベースに魚粉効果での節系魚介の風味を効かせ、デフォに比べると「濃厚」な味わい。酸味と甘味を抑え、魚粉の風味が強めに効いたテイストは私好み。これなら通年提供でも食ってみたい良品である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 83件

コメント

まだコメントがありません。