なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華ソバ + 味玉 + 和え玉」@煮干中華ソバ イチカワの写真サクッと見るなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/08/13/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/o4IRd0ssuEI

<平成最後の夏の自由研究!研究学園都市にやって来た!>
 
 それにしてもサディスティックだよな〜、このロケーション。それでも関東一円のニボシストを吸引するんだから恐るべし。ざっと30人くらいの行列が発生。平日なのに凄いことですが、大半は夏休み中の学生さんという感じで羨ましい限りです。座席の数だけ客が店に入れて、抜けると自発的に入店してゆくシステム。この日も暑くて入店してホッとした途端、口頭で注文と前払い清算しないといけないですね・・・・迂闊にも焦ってしまいました。
 
 
 
 
<煮干が濃ゆくニボっているのに緩やか!塩気が立ってるのに甘みあり!極まり感と言う奴か!>
 
 店内はBGMなど一切無し。ただ静かにご店主の作業の音が響き、奥さんの笑顔がこだまするという感じ。そこには、作る方も食する方も、煮干ソバを求道する者しかいないという、ちょっとした緊張感が漂います。ガチャガチャと音が立たなくとも、しっかり調理が進行しており、あっという間に配膳が完了。いつ作ったんじゃとちょっと驚いたりした一杯はこんな麺顔でした。
 
 
 おおお!なんともまた煮干しの素朴さが醤油色に染まった凛とした麺顔です。極煮干しに見られるモスグリーン的なセメント感ではなく、醤油ダレに深く染み渡る極煮干し。それでもなかなかパンチはありそう。面白いのは玉ねぎ。フレッシュな粗みじん切りかと重きや、薄いくし切りスライス。煮干のニボ感をシャリシャリ歯応えでさっぱりさせるあのイメージじゃない。その一方でパツパツストレート麺の麺線は際立ち、王道煮干ソバたる存在感は分厚いものを感じます。
 
 
 これほどまでに煮干しが濃ゆいのに、ニボニボのハードルが低いのが驚きです。都内の超ハード系煮干しは、エキスがハード過ぎて醤油系なのか塩系なのかも曖昧になることが多い。そんな中、この一杯は醤油系たる矜持を示しつつ、本来伝えるべき「旨味」を素直に表現しているから、驚愕と賞賛に値します。ニボニボしてて苦味があるのに、そこには旨味があり、なんだこの味はと突き詰めようとすると、最後には甘みが香る・・・それも煮干し甘さ+αの何かが分からん。
 
 
 また煮干しだけではなく、煮干しを引き立てる塩気が非常に面白いです。確かに煮干しが濃ゆいのと並行して塩っぺーな感じでスタートするものの、魔力に引き込まれてぐいぐいと啜り食っていく。すると塩気を食っているはずが、最終的にやはり甘みと感じるのだから・・・。狐につままれた煮干しという感覚です。
 
 
 実は・・・極濃煮干に目が行きがちですが、醤油ダレに一杯食わされているのかもしれない。そんな謎を抱えながら、それは後でゆっくり和え玉食うときに確認してみようと、この時この時点では思ってたはずだった・・・。
 
 
 
 
<これでもか!と言わんばかりのパツパツさに味わい深く・・・>
 
 これが噂の「煮干を打ち込んだ麺」なのか・・・。全粒入りのように明確な斑点は現れませんが、微妙に薄いポツポツが見え隠れしている。実はこの麺は、これまでになくパツパツしている。スープに泳ぐという雰囲気はないかな・・・。スープの中に麺が綺麗に折り畳まれているという感覚。なので、冒頭で4〜5本箸でつまんでリフトアップしたら、麺の折り畳まれが、その動きに引きずられて全体が少し持ち上がるような感じです。
 
 
 まさに痛快なるパツパツ感。そこには乾いた麺風味が鼻腔を駆け抜け、煮干しエキスとの融合は、歯で咀嚼する度に交わります。煮干し打ち込みとは言え、煮干味が麺から明確に感じることはありません。この打ち込み技法の良いところは、パツパツなれどスープとの一体感が早まるということでしょうか。これだけパツパツ低加水だったら、小麦粉主張がもっとあっても良いのだけど、割と早く煮干し味に全体がまとまるし、醤油ダレの絡みもよく感じます。
 
 
 
 
<煮干に圧倒されそうだが〜マイルドな塩気と肉味の半レア状態が旨し!>
 
 肩ロースのようでバラの部位?。ちょっと面白い肉ですが、脂身と肉質のバランスがよく、個人的には好きなタイプ。肉質の部分はしっかりとタレ浸透と炙りが感じられて美味い。また脂身の部分は半レアな部分が残っており、ゆったりとした甘みを感じます。これは一口で食った方が、未練なく楽しめるかも。ちょっと今回は、煮干のスープと麺に気を取られて、あまりこれ以上明確に覚えていない(汗)。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!出汁の打ち込み!>
 
 この味玉には、サブタイトルがあって「出汁打ち込み式」とあります。これが実にイメージができない・・。店の中のシーーーンとした雰囲気では、帰りがけに気軽に質問することも躊躇われます。この仕組みをだれか知ってたら教えてください。この味玉がまた、煮干しっぽくないので面白いしうまい。出汁が甘いのか・・・深くて甘みある卵黄の旨味がまた格別。お店側の説明に、不注意に一気に噛むと中が飛び出るので注意するようなことを書いてあります。少し緩い部分と芋羊羹のようにハードな部分が混在している、面白い仕上がりでとても美味かったです。嗚呼、味玉にハズレなし!
 
 
 
 
<和え玉:半分食べてからね〜>
 
 初訪問だから、ルールを知らなくてね・・・。先に前払いで精算を済ませるシステムと知ったから、前もって和え玉を注文してコミコミで精算しようとすると、「麺を半分食べてから注文してください」とご注意されてしまった(汗)。確かに、カウンターに大きく書いてあったー。
 
 
 最近、極煮干しに限らず、和え玉がすっかり都内では浸透してますが、食ってきた数々の和え玉の中でも、これは驚いた・・・・うまい。見栄えは特に変わったところがないし、煮干の雰囲気もガッツリと入っている。ただ醤油ダレの個性がダイレクトに伝わるこの一杯は、しっかりと醤油ダレの甘みと旨味を感じ取ることができました。醤油ダレは塩気よりも甘みが強め。ベーススープはきっと塩気メインなんでしょう。このバランスが、面白いところです。前半は、そのまま混ぜそば風にして食う。パツパツというより、バキバキな麺が泣けるほど美味い。絡んだタレの美味いし、麺の風合いにも味わいに通じるか?。
 
 
 最後は掟に従って、残ったスープでつけ麺風にしていただきました。ただし、汁がうま過ぎてあまり残ってなかったわけだが・・・・。
 
 
 
 
 総じまして、「煮干の深さと明るさ極まる旨味で箸が本当に止まらん!」と言うほか考えつきません。これはまた・・・煮干の聖地という感じがしてなりません。都内に色々極煮干はあるものの、これはどれにも似ていない。というか比類なしというべきか。ここは遠いんだけど、やはりレビュー数の区切りとか、季節や年の変わりなど節目に、食い重ねていきたい店ですな・・・。また必ず来ます。ともあれこれ食ったら、腹が一杯というより、気持ちが充実してパンパンといった感覚。そんな幸せを忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   じりじりと
   待ち侘びうなる
   蝉嵐
 
 
 
   感動煮干に
   我空蝉哉
 
 
 
お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

とまそんさん,どうもです。
いらっしゃいませ。
流石分かってらっしゃる。
煮干しの店は数多くあれども,どことも違いますよね。
かなり変わったんですよ。
ここまで上り詰めたという感があります。
出汁打ち込み式味玉は,その名の通り,注射器で出汁を注入してあります。
パンパンなので,不用意に噛むと,中が飛び出るというのはそういうことです。

RAMENOID | 2018年8月13日 00:56

とまそんさん、
いま最大の課題店です。神奈川在住+基本チャリの僕には昼営業のみのこの店のハードルはめちゃめちゃ高いのです。とはいえ、どことも違う煮干スープ、味玉、和え玉、パツパツ麺、一度味わわないとダメですね。

まなけん | 2018年8月13日 06:21

ども〜
ココはお店前まで酔ったことはあるのですが
行列が凄過ぎて次の仕事に間に合わず泣く泣く断念した経緯あり
有名店には時間的余裕が必須であると何度も学習しているのに……
やはり旨いのかぁ

はち ~減量中~ | 2018年8月13日 07:54

一度だけ行きました。
感動しますよね😊
ちょっとショッパーでしたけど😅

NORTH | 2018年8月13日 08:24

おはようございます☆
私もこちらは感動しました。
初訪でとても緊張して食べたのを思い出しました。出汁打ち込み式の味玉は絶品でしたねー。

ノブ | 2018年8月13日 08:42

どもです。
ここ2年くらい行ってませんでしたが、何時から
前払いになったんでしょ!
券売機やめたんですね。
やっぱり此方は特別ですね!(^^)!
初めて食べた和え玉は此方でした(^^)

ラーするガッチャマン | 2018年8月13日 09:39

こんにちは^^

おっと、突き抜けましたね~
最初に訪問したのは平日でしたが、開店30分前でも
余裕だったのを思い出します。
今のメニューになってから全く行けてないので、
その内に味わいに行かないと。。。

としくん(また停滞) | 2018年8月13日 17:40

こんばんわ~

やっぱり美味しそうですね~♪
2年位前にわが社の波乗り隊に連れてって貰ったんですが並びは10名くらいでしたが、
付近に駐車場待ちの車が多くて時間的に断念ww
近くに当時オープンしたばかりのお店に行って未訪なんですよねーーーw
最近、波乗り隊がお土産ラーメンを買ってきてくれまして食べたところラーメンはもちろんの事、
和え玉までメッチャ美味しかったので、やはり一度は行ってみたいと思ってます。

バスの運転手 | 2018年8月14日 01:16

ここはいつか行きたいと思っていましたが、さらに行きたくなりました。とまそんさんの感動が伝わってきました!

カナキン51 | 2018年8月15日 07:36