なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「きま八郎 並 2玉」@きまぐれ八兵衛の写真8月某日、夜、本日は午後からのフレックス。ヨメと娘1号は映画を見に行くと言う事なので、昼に「豚骨らあめん専門店 とんこつ家ZUN」でラーメンを食ったのだが、夜も一人楽しく夜ラーとする。突撃したのはこちらの店。

本場の「博多豚骨」の豚骨特有の香り(クサミ)とコッテリ感を残した濃厚豚骨スープの「長浜らー麺」がウリながら、豚骨醤油、中華そば、つけ麺など多彩な系統を揃えている。そんな中から今回は「二郎インスパ」狙いの突撃。

18:45着、店内満席、中待ち3名に接続、暫くしてカウンター席に着座、後客10名以上。軽くメニュー検討、ここは予定通りに件の品であるガッツリ系の‘きま八郎 並 2玉’(770円税込)をイクとする。

本日は店長がメニュー取り。オーダー時に「ニンニクどうしますか?」には当然「OK」。やはりこの手のラーメンには必須である。壁メニューを見ると、一時期限定として提供されていたカレー豚骨そば」と「カレーつけ麺」が復活している。常設メニューになったのだろうか?ならば嬉しいところ。そして待つ事9分、着丼。

ビジュアルは、ほぐしチャーシュー、ヤサイ(キャベツ、モヤシ)、刻みニンニクが、背脂の浮く豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。背脂に加えラード膜もあってオイリーで乳化したスープは、適度な豚骨臭が漂い豚豚感がたっぷり。合わせられた醤油のカエシはややショッパーで強めに攻めて来る。しかしながら濃厚な豚のコクと旨味を支えるにはこの位のショッパーさが丁度イイのだ。やがて刻みニンニクも侵食して来ると、ガーリックパンチがスープ全体を支配して来る。なかなかの効き方がイイのだ。ガーリックパンチの加わったスパルタンな実に美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな太麺。茹で加減硬めが良く、コシのあるゴワゴワ、ムチムチとした食感が実にイイ。小麦の風味と味わいも相変わらずイイ。実に美味い麺である。「並」で2玉あるからして麺量も充分。

具のチャーシューはほぐし肉。濃い目の醤油ダレの味付けはイイのだが、これはもしやもしやのチキンかもしれんぞ!。以前の一枚物が良かったわ、、、。そこそこ山盛りのヤサイはキャベツが一切れ、大勢がモヤシの構成。野菜高騰の折なので仕方ない。しかし、モヤシはシャキシャキでイイ感じ。刻みニンニクの効き目は良好。帰宅後のヨメ対策を講じねば。

例によって浮いた背脂をほぼ回収してからショッパーなのでスープは少しだけ残し。昼の「豚骨らあめん専門店 とんこつ家ZUN」に続いて、今度は濃厚な豚骨スープを目当てに突撃したこちらの店での「きま八郎」。例によって「濃厚豚骨」「ショッパー」「ガッツリ」の3拍子揃った「きま八郎」のテイストは良かったのだが、ほぐし肉がチキンであるのでは?の懸念が払拭出来ん。私的には今後の「きま八郎」の選択に影響が出そうだ、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 67件

コメント

まだコメントがありません。