なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけ麺 (大)2玉」@さくら食堂の写真8月某日、昼、本日は午前中オフィスにてデスクワークの後、午後からは諏訪地区の巡回へ。諏訪地区での昼ラーに幾つかの候補から選択したのはこちらの「ラーメン食堂」。

好みの豚骨系のラーメンの印象がすこぶる良好で、諏訪地区での私的赤丸急上昇店。諏訪「麺屋さくら」のDNAを引き継いだ豚肉中心のラーメンが特に好印象。今回は初の「つけ麺」狙いでの突撃をかける。

13:45着、先客15名くらい、カウンター席に着座、後客3名。取りあえずメニュー表を一読、予定通りに「つけ麺」を激腹ヘリであるからして‘つけ麺 (大)2玉’(880円税込)でイク事にする。

今回の品、写真は無いが「濃厚な豚骨スープに程よい酸味が効いたパンチのあるつけ麺」と言う能書きが。勝手に想像するにウリの「すた麺」の様な豚バラ肉満載のつけ麺をイメージする。店内は市内の大学生の集まりだろうか?結構賑やかに盛り上がっている。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、麺のみ盛られた麺丼と、濃厚そうなつけダレにはサイコロチャーシュー2~3個、油揚げ、刻みネギが認められる。つけダレがかなり少な目。ビジュアルは想像と違って意外とシンプルだった。

早速麺を浸してガシッとイク。軽粘度のトロミのあるつけダレは如何にも豚骨ベースであるまったりとした濃厚な豚豚感が詰まっており、ふんわりとした魚介の風味が後追いして来る。合わせられた醤油のカエシはチョイショッパーながら、濃厚な豚骨をしっかりと支えている。甘味、酸味もあるが、然程突出しておらず、酸っぱ甘辛なバランスはイイ。但し、つけダレが少ないので、あまりどっぷり浸け過ぎると、大盛り故に終盤無くなりそうで、チョコンと浸けながらイク。美味い豚骨魚介のつけダレではある。

麺は断面長方形のほぼストレートな平太麺。茹で加減やや硬めに揚がり、冷水で〆られた麺はコシがあり、弾力のあるツルムチとした食感がイイ。こちらのラーメンの麺もそうであるが、自家製麺特有の小麦の風味と味わいが香る麺で実に美味い。

具のチャーシューは豚バラのサイコロチャーシューで、チョイショッパーな味付けながらも、豚肉の旨味を味わえる。油揚げは刻みで、つけダレを吸って濃厚な味わい。刻みネギの薬味感はまずまず。

最後にお楽しみのスープ割り。やはり僅かしか残らなかったが豚骨スープで割られてフィードバック。適度に割られて結局完飲。最近の諏訪地区での赤丸急上昇店での「つけ麺」。それは濃厚な豚骨をベースにライトな魚介が交わった豚骨魚介のつけダレに、自家製麺の平太麺でイクつけ麺。装備がややシンプルであるが、兎に角、小麦の香る自家製麺が殊更に美味かった。ただ、やはりもう少し装備に華があればイイのに、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

まだコメントがありません。