なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】にぼ玉 (麺大盛り)」@テンホウ 松本渚店の写真9月某日、昼、本日は夕刻に台風21号の上陸が予想される為、ここ松本のオフィスもPM2:00を目途に退社指示が出て居いる。そんな中の昼ラーに同僚たちと突撃したのはこちらの店。

信州限定の長野県民御用達のラーメンチェーン店。先日の新聞広告でテンホウ全店で使える50円引きサービス券があるからして、きっちりと有効利用しておくつもり。

11:30着、先客10名くらい、3人してテーブル席に着座、後客10名くらい。早速メニュー検討、すると「期間限定」の‘にぼ玉’(720円税込)が良さげ。そこでサービス券もある事だし、腹ヘリなので「麺大盛り」(100円)でイクとする。

こちらの品、「ガツンと背脂!濃厚煮干しベース」と言うフレーズ。写真の見た目では背脂もあるし、刻みタマネギも盛られているからして、所謂「燕三条系インスパ」のテンホウ版、とでも言った一杯か?デフォで味玉も付いているのでお得でもある。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、味玉、メンマ、ホウレンソウ、ノリ、刻みタマネギが、背脂の浮く煮干し醤油スープに乗っている。

スープから。背脂が浮き、1mmほどのチー油のオイル層が覆ったスープは、ガラだしと煮干しのミックススープ。意外とあっさりとした動物感と、まずまずの煮干し感が共存していて、オイリーさは思いの外にマイルドでクドく無い。合わされた醤油のカエシはしょっぱめで、濃口醤油のコクとキレも味わえる。課長のウマミ、野菜由来の甘味もあり、塩味はイイ感じにチューニングされている。意外と言っては失礼であるが、美味い煮干し醤油スープなのである。

麺は断面四角のゆるいちぢれのある中細麺。茹で加減やや硬めが良く、ツルモチとした食感と、スルスルッと啜れる喉越しがイイ。テンホウのスタンダードな中華麺である。

具のチャーシューは小ぶりな豚バラチャーシュー。醤油ダレが滲み、なかなか好感の持てるテンホウのチャーシューの味わいがある。味玉は薄醤油の味付けが良く、黄身が半熟で美味い。メンマも薄甘醤油の味付けの柔らかサクサク食感、これもイイ。ホウレンソウはややクタリがあるが、箸休め。ノリの磯風味はまずまず。刻みタマネギがイイのだ。シャリシャリで甘味のある薬味感が、チョイ濃口の醤油スープに良く合う。

スープはほんの少しだけ残し。庶民にとっては例え50円引きのサービス券とても有難く、早速行使すべく昼ラーに突撃したこちらのテンホウでの「にぼ玉」。それは背脂が浮き、淡い煮干しの香る濃口醤油のスープと、刻みタマネギの装いもあって、どこか「燕三条系」をイメージさせる一杯。濃口の醤油スープが何気に美味く、刻みタマネギの甘辛な薬味との相性も良好で実に美味かった。これはスタンダードメニューにしてもイイと思う、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 83件

コメント

まだコメントがありません。