なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「焼豚そば(黒醤油)  1080円」@支那そば まるこうの写真三周年記念の一杯を頂いて以来の訪問です。

ちょいちょいブラッシュアップされ、前回は麺が非常に好みになっていたのを思い出します。

今回は食べログにアップされていた写真にソソられてお邪魔してきました。
https://blogs.yahoo.co.jp/somari_moca/43747931.html
スープ

出汁、素材感 10/10 ホームページによれば、、
岩手県産鴨ガラをローストすることで余計な水分を飛ばし、旨味と香ばしさだけを凝縮。そこに契約農家の深谷葱、北見玉葱、十勝人参をプラスし炊き上げた一段出汁。さらに八幡平ポークを加えて二度目の炊き上げをし、野菜の深みのある優しい甘み、鴨ガラ・八幡平ポークのコクと旨味を引き出した二段出汁。 との事。

なるほど初動からぶわっと鴨が香り、そこに煮干しオイルの香ばしさが追随する感じで、素材が力強く活躍しています。

なんとなく移転前の小烏丸さんを思い出しました。

かえし、旨味 10/10 「黒醤油」は煮干しオイルを添加しているとの事で、前述のとおりコクと香りを楽しめます。

出汁に負けず劣らずビシッとカエシも効いていて「ととや」さんのようなキレも感じました。

塩分、温度 9/10 熱々ですが、らーめんはややショッパめ。反面和え玉は控えめな塩梅でした。



食感、風味 10/10 選び抜かれた6種類の小麦粉をブレンド。加水してから寝かせ、面を伸ばしてからまた寝かせ、面を切ってさらに寝かせた三段熟成麺。との事です。

細いストレート麺ながら以前にも増して力強く、ぱつんぱつんと弾くような食感です。
風味も良く、これは秀逸な自家製麺です。

ゆで加減、好み 10/10 かなり硬めのゆで加減で、最後までぱつんぱつんさを堪能出来ます。
力強いスープに渡り合える、力強い大変好みな麺でした。

具材

肉 6/10 秋田県産八幡平ポークを使用した異なる表情を持つ二種類の焼豚。スパイス香る自家製ハム「ジャンボン・ド・パリ」と、肩ロースを特性ダレに漬け込みじっくりと焼き上げた自家製焼豚。との事でしたが、二種???
私の錯覚か、肩ロースの焼豚一種のような??使用変更でしょうか。

ソレはさておき、ローストポークを彷彿させるやや薄切りのものが4枚?ほど乗ります。

ただブレとは思いますが若干の酸化臭とキシキシした食感が好みとは違いましたm(__)m

その他 10/10 薬味のネギと三つ葉は欠かせない存在です。
特筆はメンマ!
しっかりとした太さながらシャキッと歯切れの良い食感!上品な味いれで箸休めと言わず、増したいくらいのレベルでした。

cp.量 7/10 麺量は気持ち多めに感じたので160g程でしょうか?
今回は焼豚分は不要でしたが、和え玉はタレ少なめ鴨油?が香る1玉弱位のボリュームで150円は大変リーズナブルでした。

接客 9/10 とても活気があり、フロアの女性をはじめ、笑顔で気持ちの良い接客です。

満足、リピート 9/10 今回は焼豚以外はケチの付けようが無いくらい美味しい一杯でした。
特に香り高いスープ、自家製麺、メンマは秀逸!
次回の訪問も楽しみですね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。