なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ニボジロー(塩) ※野菜、生姜、アブラ増し (大盛:無料)」@凌駕 IDÉAの写真9月某日、昼、本日は昨日までの大阪~京都出張及び遊山での疲れを若干なりとも引き摺りつつ、午前中はデスクワーク。午後から週末に向けての準備資材を倉庫に取りに行く途中での昼ラーに突撃したのはこちらの店。

一応のウリはあっさり系の「煮干し醤油ラーメン」であるが、実は「醤油」の他にも「塩」「味噌」「豚骨」、更には「二郎系」や「つけ麺」「まぜそば」など多岐に亘るメニューを揃えるオールマイティーなラーメン店である。

14:10着、先客9名、カウンター席に着座、後客6名。早速メニュー表を検討、チョイとガッツリ気分であったので‘ニボジロー(塩)’(780円税込)でイッテみる。これを「野菜、生姜、アブラ増し」、更にはいつもの「大盛無料」でコール。

今回の品、醤油ヴァージョンの「ニボジロー」の「塩版」であるが、標準装備がニンニクでは無く、ショウガであるので、ニオイを気にせず営業中にもガッツリとイケるのがイイのである。途中で新たに加わったメニューであるが、何気に美味いのである。そして待つ事8分、着丼。

ビジュアルは、ほぐしチャーシュー、「増し」で山盛りとなった野菜(モヤシ、キャベツ)、やはり「増し」となったおろしショウガ、同じく背脂、フライドオニオン、煮干粉、粗挽きコショーが、背脂の混じった塩豚骨スープに乗っている。

スープから。例によって背脂の混じった豚骨スープは、豚クサミは抑えつつも、豚の旨味はたっぷりでコクもある。合わせられた塩ダレはややショッパーも私的には問題無し。加えて課長のウマミも適度に効いていて塩味とウマミが、豚の旨味を持ち上げている。

今回は「生姜、アブラ増し」としたので、たっぷりとかかった背脂と多めのショウガがスープに関与して来ると、ショウガのフレッシュなスパイシーさと、どろりんとした背脂の甘味が増強され、パワーが増す。加えて煮干粉の風味と粗挽きコショーの風味が、和風とも洋風ともつかないテイストを及ぼして来る。これらがまったりの塩豚骨と一体感を成して来る。実に美味い塩豚骨スープである。

麺は断面四角のウェーブの入った極太麺。硬めの茹で加減が良く、ゴワゴワ、ワシワシとしたチョイと二郎ライクな食感が実にイイ。小麦の味わいもある。実に美味い麺である。大盛りとした麺量も十分で、麺喰いオヤジには堪らん。

具のチャーシューはほぐしの入った豚ラースチャーシュー。チョイと肉の味抜け感はあるが、それを補う醤油ダレが滲みて美味い。「増し」とした野菜はモヤシが大勢を占めるが山盛りに盛られ、野菜大好きオヤジにとってもウレシイ。モヤシはシャクシャク、キャベツは甘い。多めのおろしショウガが実に爽やかで、塩豚骨にサッパリ感を補強する。「増し」となった背脂はだらら~んとかかり、「セアブラー」としては至上の歓び。フライドオニオンの甘き香ばしさがまたイイ。煮干粉と粗挽きコショーも前記の通り。

スープ完飲。大阪~京都への出張疲れを少しなりとも解消すべく突撃したこちらの店の「ニボジロー(塩)」。今回は営業中なので「ニボジロー」のニンニクがNGなので「ショウガ」でイッタのだが、濃厚な塩豚骨のスープにショウガのフレッシュなスパイシーさが実に良く合い、更に「アブラ増し」ともした事で、オイリー・ハイなテイストも決まってメチャイケた。「ニボジロー(塩)」も侮れないのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 17件

コメント

まだコメントがありません。