なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば(塩) ※恥ずかしながら鶏チャー抜き」@麺道 麒麟児の写真9月某日、夜、本日は急遽、松本~上田~千曲~長野の巡回を組む。昼に「地雷復」で食ったのだが、夜ともなると腹が減って来る。そこで以前より気になっていたこちらに突撃して軽く引っかけてから帰る事に。

こちらの建物は以前はとんかつ屋で、かつての移転前の「麒麟児」時代に突撃経験があるが、移転後のこちらは初。移転後も相変わらずの人気なので、前回とは違ったメニューでイッテみたい。

18:20着、先客10名、店内は空席があるが、何故か奥のウェイティングスペースで5分待たされ、カウンター席に着座、後客5名。スタンバっている最中にメニュー表(メニュー写真)で以前の店では「醤油」を食ったので、今回は‘中華そば(塩)’(750円税込)にキメ。

カウンターに着座時に若いニーちゃんにオーダーする。この時、こちらは我が宗教上NGの鶏チャーシューが装備されている模様なので「鶏チュー抜きで」と頼む。この「中華そば」、能書きでは「鶏と鴨の淡麗仕込み じっくり丁寧に仕上げた淡麗スープ」とある。そして待つ事3分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、ゆづピール、白髪ネギと刻みネギが、チー油の浮く澄んだ塩スープに乗っている。

スープから。ガラだしのあっさりスープはスッキリとした鶏ガラ特有の動物感に満ちているが、然程のクセが無いので飲み易い。「鴨」の出汁感は経験値がほぼ皆無であるからして分からん。合わせられた塩ダレは塩分濃度は適宜で、塩のカドは無く、スッキリとした塩味で、確かに淡麗感がある。但し、ショッパ好きの私的にはチト塩味が薄目であっさりし過ぎ感を禁じ得ない。しかしなかなか美味い塩スープではある。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。中加水の麺で、茹で加減やや硬めが良く、ツルツル、パツパツとしたしなやかな食感と歯切れ感がイイ。淡麗塩スープにもマッチしている。美味い麺である。

具のチャーシューは豚ロースのレアチャーシュー。柔らかな肉質感があり、コショーとハーブの風味が香る味付けが実に美味い。因みに鶏チャーの代替は無し。メンマは柔らかな穂先メンマ、薄醤油の味付けが美味く、サクサクの食感が抜群にイイ。ゆづピールはうっすらと和の柑橘が香る。淡麗塩スープに良く映える。白髪ネギと刻みネギの2種類のネギ薬味感は良好。

スープは少しだけ残し。移転前の突撃経験はあるものの、移転後も人気のこちらの店での「中華そば(塩)」。それは鶏100%のあっさりとした動物感に、スッキリとした塩ダレを合わせた淡麗塩スープのお手本の様な味わいで美味かった。しかしながら「塩ラーメン」としては私的には塩味がチト薄口で、似たコンセプトでの「らぁ麺 麦一粒」の「塩らぁめん」の方が好みか。何れにしてもクリアーな塩ラーメンで、万人受けするテイストに人気の程は、まあ伺えた、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。