なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味玉中華そば〔塩〕」@麺道 麒麟児の写真3連休最終日、鉄板店である麒麟児さんに突入であります。
実は、白馬の温泉つかり行くのにちょっと寄ってみたのです。そして、戦線離脱をしていた店主さんが9月から復帰するとの事でお会いできるかとの思いを含めて寄ってみた次第です。
丁度店到着時が開店する15分前位、もうすでに開店待ちの列が出来ている。さすがの人気店!特に限定物もないのではあるがこの盛況ぶり!開店と同時にどっと列が店の中に流れ込む。自分の順番でも第一陣の波に乗れたようで店内へと入ることが出来ましてカウンターへと案内された。カウンター前は、厨房であるのでもし店主さんいれば話ができる絶好のチャンス!だが、店主さんの姿は見て取れない。若いスタッフで良い感じのオペレートで廻している。

今日は、この店の基本メニューでもある中華そばを塩で頂くことにした。この店初訪した時の衝撃が今も忘れられず心に残っている。その時の味がこの中華そば塩でした。黄金色に輝くスープがとても綺麗でほのかに香る鶏ガラ等から抽出した出汁の香りが鼻を擽る。先ずはスープからひと啜りしてみます。淡麗系のすっきりした出汁が気持ちよく口の中に広がる。幾分、鶏油の浮きが多めで気になるところだがこれが旨味に変わるものでもある。塩のかえしも見事な塩梅で鶏スープと交じり合っている。とても、美味しいスープである。初めてこの店訪れた頃とは少しずつではあるが進化していると思われる。

麺は、中細ストレートの自家製麺。店主さんが研究を重ねて作り上げたのだと言う。つるつるとしたのど越しと丁度良い茹でかたでこしが心地よく感じられる歯ごたえがとても良い。

トッピングには、豚、鶏のダブルチャーシュー、穂先メンマ、白髪ねぎ+青ネギ、味玉、です。
チャーシューは、低温調理の安定した味わいであり厚みがあり食べ応えがある。味玉もトローっとした黄身の半熟度がとても良い。

この中華そばも常に進化しているようであり味わいが少しずつ変化しているようであります。自分としては、あの伝説の創業当時の栗田での味がとても印象に残っており再びあの味が恋しい気がいたします。
で、今日は店主さんにも会いに来たのですが結局食べ終わるまでにお会いすることが叶う事が出来なかった。帰り際にスタッフの兄ちゃんに「店主さん元気になりました?」って尋ねてみると「もう、すっかり良くなりましたよ」との事であった「この後、午後から厨房に立つ」との事であった。ありゃ!時間差で会えずであったようだ。残念であります。次回はぜひ店主さんご夫妻にお会いしたい気がする。

ごちそうさま^^

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 30件

コメント

まだコメントがありません。