なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】燕燕亭(らあめん):背油&ネギ多め(大盛り)+味玉」@煮干しらあめん 燕黒の写真9月某日、夜、本日は松本でのミーティング。昼ラーに「信州麺屋 とんずら」で食った後、戻ってくると先日の健康診断の結果がデスクに置いてある。恐る恐る開いてみると、なっ、なぁ~んと中性脂肪の数値が私史上最低の値で特に問題無し!やはりラーメンは健康食だ。

気を良くして仕事を終え、秋雨前線の影響で降雨となった帰宅の途中に長野の娘2号の所へ行ったヨメが遅くなるとの連絡なので、夜ラーを食ってイク事に。突撃したのはこちらの店。

19:40着、先客3名、カウンター席に着座、後客4名。早速メニュー検討、気になる壁メニューをチェックすると今月の限定(メニュー写真)は「燕燕亭」とある。これは「全国で有名なアノお店をインスパイア!!」との事。「燕燕亭」と書いて「えんえんてい」とでも読むのだろうか。まさか「つばめつばめてい」ではあるまい。

これには(らあめん)と(チャーシューめん)があるが、ここは‘燕燕亭(らあめん)’(700円税込)でイク。アノお店と同様に、好みをいろいろと選べる中、健康診断の中性脂肪の結果も良かったので「背油多め」「ネギ多め」でイク。更には「大盛り」(100円)で、加えていつものサービス券で「味玉」も乗っけ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、メンマ、「ネギ多め」となった刻みネギ、そして半味玉2個が、やはり「背油多め」とした背脂がびっしりと浮く醤油スープに乗っている。いずれにしろ見た目は最近「アノお店」の発祥である京都で何杯か食った「京都ラーメン」に似ている。

スープから。「背油多め」とした事で、背脂大好き「セアブラー」としても納得の背脂からの豚甘味を含めたっぷりの動物感を湛えたスープは、それほどオイリーさは感じさせない。合わせられたカエシは塩分濃度はやや高めで、シャープな醤油のキレを伴っており、先日食った京都での「京都ラーメン」に比べるとキレを感じるテイスト。スープに仕込まれている唐辛子の辛味も効いているので、醤油のシャープさが活きて来る。加えてあまりオイリーさを感じないのもこの醤油感にある様だ。実に美味い醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな細麺。加水率やや少な目の麺で、茹で加減やや硬めが良く、弾力を残したコナモチとした食感がイイ。細麺にしっかりと背脂が絡みつく。美味い麺である。「大盛り」とした麺量も充分にある。

具のチャーシューは薄切りの豚ロースチャーシュー。薄味付けなので豚肉のジューシーな旨味を味わえる。薄切りながらもデカくて2枚あるので満足出来る。メンマは醤油の香る味付けで、柔らかサクサク食感がイイ。刻みネギは九条ネギで、多めにした事もありフレッシュなネギ薬味感が炸裂する。味玉も醤油の風味が香る美味いモノ。

スープ完飲。いつもの鉄板店で夜ラーにイッタ9月の限定の「燕燕亭」。今回は(らあめん)らあめんでイッタのだが、キレのあるシャープな醤油スープは、好みの「背油多め」とした割にはオイリーさは感じられず、隠しの唐辛子もスパイシー、加えて多めのネギ薬味も効いていて「全国で有名なアノお店」よりも美味かった。健康診断の結果も改良され、これからも美味いラーメンを食い続けていきたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 52件

コメント

まだコメントがありません。