なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】汁なしタンタンメン (大盛り)」@テンホウ 松本渚店の写真10月某日、昼、本日は松本でのミーティング、10月も半ばを過ぎ、信州もすっかりと秋めいてきた。そんな秋日和の昼ラーに同僚たちと突撃したのはいつもの「テンホウ」。

11:40着、先客6名、四人してテーブル席に着座、後客15名以上。早速、メニュー検討、すると壁メニュー(メニュー写真)に限定の‘汁なしタンタンメン’(620円税込)を発見、これを「大盛り」(100円)でイクとする。

「テンホウ」と言えば「タンタンメン」が一番人気の品。今回の汁なしヴァージョンはそんなありそうで無かったメニュー。こちらの「タンタンメン」はスパイシーさは無いのだが、今回の「汁なし」もメニュー写真からもスパイシーさは無さげではあるものの、チョイと気になるところ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、挽き肉味噌、坦々ダレ、短冊チャーシュー、モヤシ、ワカメ、刻みネギが、汁なしの麺に乗っている。

早速マゼマゼしてからガシッとイク。麺にかけられた坦々ダレは練りゴマ主体で、挽き肉味噌が均等に混ざり合った麺は、まろやかな酸味を伴ったゴマの旨味が全開する。更にはライトな辛味も追随してきてほんわかスパイシー。汁ありの「タンタンメン」に比べると若干スパイシーであるが、これが濃厚なゴマの旨味にイイ感じのアクセントになっている。挽き肉味噌の旨味も絡みつく。ゴマのまろやかな旨味が味わえるなかなか美味い汁なしタンタンである。

麺は断面長方形のゆるいウェーブのかかった平太麺。こちらの「チャーメン」などと同じ麺で、茹で加減やや硬めが良く、ツルモチとした食感が実にイイ。ねっとりとした坦々ダレも良く絡みつく。「汁なしタンタン」にも良く合う万能麺である。

具の挽き肉味噌は甘辛醤油の味付けでポロポロ、麺に絡んで美味いのだ。坦々ダレは濃厚なゴマの風味と旨味の素、麺全体に絡んでゴマの旨味を誘導する。短冊チャーシューは肉っ気を補強、イイのである。モヤシはシャクシャク。ワカメも好みの装備。刻みネギの薬味感は良好に効いている。

もちろん完食。いつもの「テンホウ」でイッタ今回の「汁なしタンタンメン」。それは「テンホウ」一番人気である「タンタンメン」の汁なしヴァージョンで、チョッピリ辛味を効かせた濃厚なゴマの旨味がツルモチの麺に良く絡んで美味かった。汁なしでもテンホウらしいシンプルなゴマの旨味を十分に味わえる一品で、レギュラーメニューにしてもイイと思う、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 83件

コメント

まだコメントがありません。