なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「塩 :細麺 (麺大盛り) +辛ねぎ:サービス券」@信州麺屋 とんずらの写真10月某日、昼、本日はまたまた松本のゲンバ仕事、ここ数日肉体労働が続いているが、根っからデスクワークには向かないからして得意の肉労は性に合っていてイイ。そんな中、昼ラーに突撃したのはこちらの店。

店名が示す様に「豚骨」がウリの店。豚骨大好き「豚野郎」としては、こちらの背脂オイリーにして炊き出し感のある豚骨スープはまさに好み。今回、情報誌「Komachi」でのサービス券があるのであやかるつもり。

13:40着、先客10名、カウンター席に着座、後客5名。取りあえずメニュー選択、ここは「濃厚とんこつ」から‘塩’(720円税込)を「大盛り」(120円)でイってみる。件のサービス券は「110円トッピングのサービス券」となっているので「辛ねぎ」にキメ。

おねーさんを呼んでオーダー。「麺を細麺、中麺、太麺から選べます」に、今回は「細麺」で、そしてランチサービスのライスは例によってパスする。「モヤシとシメジの辛ナムル」がサービスで供されるので、つつきながらスタンバる。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、ホウレンソウ、モヤシ、ノリ、刻みネギ、そして辛ねぎが、背脂の混じった塩豚骨スープに乗っている。真っ赤な辛ねぎがたっぷりと乗っていてネギ好きにはウレシイ見た目。

スープから。背脂がびっしりと混じり、ラード層も厚めのスープは豚豚感に満ち溢れている。特に背脂の甘味が豚骨スープに蔓延していて実にナイスなテイストで「セアブラー」としては、まさに絶好のチューニング。合わせられた塩ダレは塩分濃度はやや高めながらも、キレのある塩味が豚のエキス感をストレートに味わえるのでイイのである。豚の旨味と共に課長的ウマミもあってイイ。やがて辛ねぎからの旨味ある辛味も混ざり合ってくると、ウマ辛スパイシーなテイストが豚骨スープを席巻。実に美味いスパイシー塩豚骨スープと変化する。イイのである。

麺は断面丸めのほぼストレートな細麺。加水率少な目の麺、で茹で加減硬めが良く、パツパツとした歯切れ感とホギホギとした食感は博多ラーメンを彷彿とさせるものがある。細麺なので背脂もたっぷりと纏ってくる。実に美味い細麺である。

具のチャーシューは豚バラチャーシューで、甘醤油の味付けが滲みており、柔らかホロホロで実に美味い。ホウレンソウはしっとりしていて濃厚豚骨スープの箸休め。モヤシはシャキシャキ。ノリはまずまずの磯風味。そして今回の装備の主役の辛ねぎはシャキシャキの歯応え、兎に角たっぷり。旨味のある辛さが絶妙で、前記の如くスープにもイイ感じで関与する。刻みネギも辛ねぎに隠れはするが頑張っている。

スープ完飲。連日の肉体労働での栄養とカロリー補給に突撃したこちらの店での「塩」。今回は細麺で、サービスのトッピングで辛ねぎを合わせたが、背脂タップリの辛ねぎでのウマ辛スパイシー博多ラーメン、と言ったテイストが実にイケた。兎に角、たっぷりの辛ねぎがしこたま美味くチョイとクセになりそうなトッピ。特筆すべきはこちらのトッピングはどれもボリューミーだったりする事。何れにしても「セアブラー」の「豚野郎」としては、今後も長く付き合いたい店である、、、

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 31件

コメント

まだコメントがありません。