なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「本白味 :バリかた +味付白ネギ」@きまぐれ八兵衛の写真10月某日、夜、本日は休日で連日の肉体労働での疲れを久しぶりに家でゆっくりと癒すつもり。ヨメは長野の娘2号の所へ行っているので、夜ラーに突撃したのはこちらの店。

信州でも屈指の博多豚骨ラーメンをウリとする店。豚野郎としては肉体疲労時の栄養補給にはやはり「豚骨」がイチバン。と言う訳で、昨日の「信州麺屋 とんずら」に続き、またまた豚骨補給に突撃した訳。

19:05着、先客20名くらい、カウンター席に着座、後客10名くらい。早速メニュー検討、やはりここはデフォの‘本白味’(680円税込)を「バリかた」でイク。更に昨日の「信州麺屋 とんずら」での「辛ねぎ」の印象が良かったからして「味付白ねぎ」(150円)をトッピする。

適度な豚骨臭が漂う店内は、夕飯時とあって相変わらずの混み様を呈している。ところで、こちらの店のトッピには「辛ねぎ」は無いので「味付白ねぎ」としたが、やっぱ辛ネギなのか?ちょっくら気になるところではある。そんな事を考えつつ待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、キクラゲ、刻み青ネギ、そして味付白ネギが、濁々とした豚骨スープに乗っている。

スープから。味付白ネギに和えられたゴマ油の香りが漂う炊き出し感満載の豚豚感に溢れた豚骨スープには、麗しき豚クササを残しつつも濃厚な豚の旨味が詰まっている。昨日の「信州麺屋 とんずら」では無いが、適度なラード・オイリーさも丁度イイ。合わせられたカエシは例によってやや強めも、濃厚な豚骨スープであるので豚クサーを伴う豚の旨味をキッチリと伝えてくれる。味付け白ネギは辛味が無いので、いつもの豚のコクある豚骨テイストにほんのりとゴマ油の香りが添えられる。実に美味い豚骨スープである。

麺は、断面丸めのストレート細麺。加水率少なめの博多麺で、「バリかた」の茹で加減が決まり、ホキホキとした食感が実にイイ。小麦感もあるいつもの美味い麺である。

具のチャーシューは今回は豚モモ肉チャーシュー。肉質感のあるモモ肉の旨味を味わえる。キクラゲはコリコリの歯応えがイイ。やはり豚骨には欠かせない装備。味付白ネギはゴマ油で軽く味付けされた芳ばしさがネギの辛味と旨味をナイスサポート。絶妙な薬味となっている。刻み青ネギの爽やかなネギ薬味感も負けていない。

スープ完飲。久しぶりの休日にゆっくりと休んだ夜ラーに突撃したこちらの鉄板店での「本白味」。今回は昨日の「信州麺屋 とんずら」での「辛ねぎ」に触発されて「味付白ネギ」トッピでイッタのだが、期待していた辛ネギでは無かったものの、いつもの濃厚な豚骨スープに「ネギだく」での一杯も実に美味かった。豚骨にネギも良く合うのだ、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 65件

コメント

まだコメントがありません。