なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ハルピンラーメン (大盛)」@ハルピンラーメン 本店の写真11月某日、昼、本日は諏訪のゲンバ仕事。すると我が上官が視察に来て「貴様!メシは食ったか!!」と問われ、「いや、まだでありますっ!」に、「付いて来いっ!!」と言う事で突撃したのはこちらの店。

諏訪のソウルフード「ハルピンラーメン」の総本山にして、我が上官お気に入りの店。先月も突撃しているが、諏訪市民で無い私的にも毎日食えるラーメンであるからして、全く問題無い。

13:35着、店内満席、二人して中待ち待機、暫くしてカウンター席に着座、後客6名。早速メニュー検討、限定の「シビカラ味噌ハルピン」も気になるところであるが、ここはデフォの‘ハルピンラーメン’(650円税込)を「大盛」(100円)でイク。

ジャスミンティーを啜りながらスタンバる。ハルピンと言えばニンニクを中心に、4年以上熟成させて作る「寝かせダレ」がウリの店であるが、つい最近には茅野に新ブランド店の「ハルピン味噌らーめん 雷蔵」がオープンした模様。OP直後は混乱必至であるからして、こちらは落ち着いた来年あたりに突撃してみたい。そして待つ事9分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、モヤシ、ノリ、刻みネギが、ハルピンスープに乗っている。

スープから。先ずは天地返しをして丼底にこずむハルピンダレをスープに混ぜ合わせてからイク。豚ガラでの清湯スープに煮干し系の魚介が香るベースは、あっさりめの動物感と魚介感がほぼ拮抗して横たわる。合わせられたハルピンダレは、ニンニクベースに唐辛子、タマネギ、コンブ、ゴマなどの素材を合わせて4年かけて熟成されており、ニンニクのクサミは全く無く、例によって「辛味」「甘味」「旨味」等が混然一体となった摩訶不思議な味わい。しかしながら先月に食った「ニンニクラーメン」よりは薄目のハルピンテイスト。実際上官の食っている「ニンニクラーメン」と比べても、スープの色が薄いのが判る。ともあれ、美味い事には変わりは無い。

麺は断面四角のちぢれのある中細麺。茹で加減やや硬めが良く、モチパツとした食感が実にイイ。ちぢれがハルピンスープをしっかりと拾って来る。「ハルピン」にはもはやこれしか考えられない実に美味い自家製麺である。「大盛り」の麺量も適量。

具のチャーシューは豚ロースチャーシューで、薄味付けでの豚ロース肉の旨味が味わえる。メンマも薄醤油味付けの柔らかコリコリ食感がイイ。モヤシはしっとり。ノリの磯風味はやや希薄。刻みネギの薬味感はまずまず。

スープ完飲。突然の上官の視察での昼ラーに同行してのこちらのハルピン総本山での「ハルピンラーメン」。それはニンニクベースの「寝かせダレ」での辛味や旨味が混然一体となった基本の摩訶不思議テイストが味わえて実に美味かった。しかしながら「ハルピンジャンキー」としては先月食った濃い目の「ニンニクラーメン」が身体に馴染む。そう、最近は「ストロング・ハルピン」が好みとなっているのだ、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 9件

コメント

チャーチル・クロコダイルさん、こんにちは。

>諏訪市民で無い私的にも毎日食えるラーメンであるからして、全く問題無い。
長野県民でもない自分でも毎週食べたいラーメンですからね~。

>茅野に新ブランド店の「ハルピン味噌らーめん 雷蔵」がオープン
なんと!こっちは味噌メインですか。来年は久々に信州遠征かなあ。

ぬこ@横浜 | 2018年11月29日 11:27

ぬこ@横浜さん、コメントありがとうございます。

>長野県民でもない自分でも毎週食べたいラーメンですからね~。
ハルピンはハマる人には常習性が出ると言われています。
ぬこ@横浜さんも、立派なハルピンジャンキーですね、、、

チャーチル・クロコダイル | 2018年12月1日 09:11