なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「酢・山椒つけ麺 (1.5玉:無料)」@のんべえ食堂 天火の写真11月某日、昼、本日は久しぶりに秋晴れ予想の松本でのゲンバ仕事。天気の良い日にはいつも思うが仕事なんぞをしたくないわ。そんな中、お楽しみの昼ラーに突撃したのはこちらの店。

店名が示す様に夜はジビエや馬肉料理などの創作料理での居酒屋にもなる。今回は漸く入手したグルメ情報誌「FREE BOOK」にあった新作つけ麺狙い。

13:45着、先客2名、カウンター席に着座、後客4名。早速メニュー検討、件の新メニューである‘酢・山椒つけ麺’(800円税込)をおニーさんに「FREE BOOK」のサービス券で「大盛り」にて注文する。

するとおニーさん、「1.5玉まで無料ですが」とのアナウンス。ならばそれにするつもりでサービス券を引っ込める。今回の品、こちらのレギュラーメニューの「酢・山椒らーめん」のつけ麺版と思われ、「山椒の香りと辛さに酢のすっぱさがまろやかにマッチした汁と細麺絡む一杯」と言う事。美味そうだ。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、メンマ、ノリが乗った麺丼と、サラッとしたつけダレには刻みネギが浮いている。

早速麺を浸してガシッとイク。あっさりとした動物感の漂うガラだしベースのつけダレは、僅かな甘味を伴うまろやかな酢の酸味の加わった甘醤油ダレで、香り高い山椒の風味とライトなビリビリ感が舌先を駆け回る。イイのである。因みに辛味は一切ないので、爽やかなシビレ感が楽しめるのがイイ。醤油ダレもまろやかで、甘酸っぱさもクドく無く、山椒の爽やかなシビレ感を楽しめる。実に美味い酸っぱ甘シビのあっさりつけダレである。

麺は断面四角のちぢれのある中細麺。茹で加減やや硬めに揚がり、コナムチとした食感がイイ。中華麺タイプの麺が、あっさりとした酸っぱ甘シビのつけダレとも良く合う。なかなか美味い麺である。1.5玉であったが、もう少しあってもイイくらい。

具のチャーシューは豚ロースチャーシュー。サクッとしたやや硬めの食感で、薄甘醤油ダレが滲みた味付けが良く、豚肉の旨味が味わえる。メンマは削り節の風味の香る甘醤油味付け、柔らかなコリコリの食感がイイ。ノリの磯風味は良好。刻みネギは多めに浮き、良好なネギ薬味感を発揮している。

最後にお楽しみのスープ割り。ところが「割りスープはやってないです」と言う事。勿体ないのでそのままちレンゲでびりちびりとイク。底にはジャミった山椒の黒粒が認められ、最後まで爽快なビリビリシビレ感を楽しめる。

スープ完飲。松本でのゲンバ仕事での昼ラーに突撃したこちらの店での「酢・山椒つけ麺」。それはこちらの「酢・山椒らーめん」のつけ麺版で、さっぱりとした甘酸っぱい醤油ダレに香る爽やかな山椒のシビレと香りを楽しめるつけ麺で、最後まで山椒でのスパイシーさを楽しめた。「酢&山椒」の味わいをラーメンとつけ麺で楽しめるのがイイではないか、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

コメント

まだコメントがありません。