なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤油 :中麺 (大盛り) ※辛モヤシサービス」@信州麺屋 とんずらの写真11月某日、昼、本日は松本での昨日に続いてのゲンバ仕事。昨日地元のJ2リーグの松本山雅が優勝し、J1昇格を決めた様だ。サッカーに興味は無いが、まあ地元に多少なりとも経済効果が増えればイイ。そんな昼ラーに突撃したのはこちらの店。

豚骨大好き「豚野郎」としては昨日「さつまラーメン 西郷どん」で鹿児島ラーメンを食ったのだが、チョイと豚骨濃度に物足りなさを覚えたからして、こちらの豚豚スープでリカバリーするつもり。

13:35着、先客20名以上、カウンター席に着座、後客15名くらい。取りあえずメニュー表チェック、ここは「濃厚とんこつ」からデフォの‘醤油’(720円税込)を「大盛り」(120円)でイッテみる。

例によって麺を「太麺」「中麺」「細麺」から選べるので、この「濃厚とんこつ」では久しぶりに「中麺」でイッテみる。週末でもライスがサービスとなるがこちらはパス。そしてサービスの「辛モヤシ」を突きながらスタンバる。ライスと言い、辛モヤシと言い常時サービスはあっ晴れだ。そして待つ事12分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、ホウレンソウ、モヤシ、ノリ、刻みネギが、背脂が浮く豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。多めの背脂と厚みのあるラード膜の張ったスープは、豚のエキス感と旨味がたっぷりで、背脂はコッテリながらも甘味に富み、「セアブラー」オヤジとしては好みのテイスト。合わせられた醤油のカエシは塩分濃度はややショッパーながらも問題無し。キリッとした塩味の醤油感が良く、課長の効き方もキッチリとしていて好み。オイリーな豚の旨味と課長のウマミが効いた実に美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいちぢれのある中細麺。加水のある麺で、表面ツルツル。茹で加減やや硬めが良く、プリモチとした食感がイイ。ちぢれに背脂も良く絡む。「中麺」も「背脂中華そば」っぽい雰囲気となり、イイのである。

具のチャーシューは、好みの豚バラチャーシュー、今回は2枚あるのがウレシイ。柔らかく、甘辛い醤油ダレの味付けもイイ。ホウレンソウはしっとりとしていて、濃厚スープの箸休め。モヤシはしゃきりの歯応え良好。ノリは磯風味あり。刻みネギの薬味感は良好。

スープ完飲。松本のゲンバ仕事での昼ラーに突撃したこちらの店での「醤油」。それは「豚野郎」にして背脂大好き「セアブラー」オヤジとしては、豚骨の旨味と背脂の甘味が共にキッチリと楽しめる一品。ややショッパーな豚骨醤油のスープであるが、麺を選ぶ事により、同じスープでも「太麺」だと「家系」、「細麺」だと「博多風」、そして今回の「中麺」だと「背脂中華そば」としても機能する。これからもこちらの様々なヴァリエーションの豚骨を楽しみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 29件

コメント

まだコメントがありません。