なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「盛りすた麺」@さくら食堂の写真11月某日、昼、本日は朝イチから昨日に続いての諏訪での肉体労働の総仕上げ。単独での作業となるので、せっぺせっぺと働きづめて激腹ヘリに。そして昼ラーに突撃したのはこちらの店。

諏訪「麺屋さくら」の姉妹店で、本店同様「すた麺」と、こちらのオリジナルの「馬力とんかつ定食」など、肉好きにはたまらないスタミナ満点のメニューがウリ。今回はその「すた麺」狙いの突撃をかける。

13:20着、先客2名、カウンター席に着座、後客1名。早速メニュー表(メニュー写真)検討、いつの間にか「麺屋さくら」っぽいメニューに変わっている。その中から以前から狙っていた‘盛りすた麺’(910円税込)をイク。

これは「すた麺」の中でも「肉、モヤシが1.5倍!」と言う一杯。以前にも「すた麺」は食っており、好みの豚バラ肉がどっさり、モヤシもたっぷりで好印象の一杯。肉体労働は午後も続くからして、ボリュームアップのこいつでガッツリとイキたい。そして待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、豚バラ肉炒め、モヤシ、メンマ、刻みネギ、焦がしマー油が、背脂の浮く豚骨醤油スープに乗っている。豚バラ肉もさることながら、モヤシも釣り鐘上に盛られており、チョイとした二郎ライクの見た目が凄くイイ。

スープから。焦がしマー油の効果でうっすらとガーリックの香りが漂うスープは、例によってクサミを抑えた豚骨のコクと旨味が味わえて、動物感はしっかりある。合わせられた醤油のカエシはチョイとショッパーで、醤油感を抑えたキリッとしたシャープな塩味が実にイイ。課長のウマミもあり、芳ばしいガーリックのプチ・ビターなテイストが豚の旨味を押し上げている。豚+ビター・ガーリックのパンチの効いた実に美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面長方形のほぼストレートな太麺。白っぽいやや加水率少な目の麺で、茹で加減やや硬めが良く、プルプル、コナモチッとした食感と歯切れ感が実にイイ。小麦の味わいも味わえる「自家製麺」。相変わらず実に美味い麺である。

具の豚バラ肉炒めはうっすらとガーリックが香る塩味付けが良く、焦がしマー油でのビター・ガーリックとの相性はバッチリ。意外とニンニクのニオイは残らないのもイイ。「すた麺」に比べてもボリュームもあり、パンチがあって美味いのである。モヤシはシャキシャキ、こちらもボリュームがあって大満足出来る。メンマは塩抜きされた薄味付けのサクコリ食感、イイのである。刻みネギの薬味感も好調。焦がしマー油はこのラーメンのキモである。

スープはほんの少しだけ残し。諏訪での一人肉体労働の昼ラーに突撃したこちらの店での「盛りすた麺」。それは好みの「すた麺」のボリュームアップ版であり、好みの豚バラ肉とモヤシが更に増量となり、プチビターな焦がしマー油もかけられてガッツリモリモリ食えて腹一杯となり大満足。キレのある豚骨醤油スープと、ハリがあって小麦の香る自家製麺も実に美味かった。私的に諏訪でのガッツリ麺としてはイチオシの一杯である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

まだコメントがありません。