なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「とん黒 ※太麺 (大盛り)」@信州麺屋 とんずらの写真12月某日、昼、本日は昨日に続いての松本でのゲンバ仕事、今日は我がチーム3名と応援の2名を加えて対応する。そしてお楽しみの昼ラーに単独突撃したのはこちらの店。

豚骨大好き「豚野郎」にして、背脂も大好き「セアブラー」としては、その両方が同時に手頃な価格で楽しめる店。私には関係ないが、常時「ライスサービス」でイケるのも人気のラーメン店である。

14:00着、先客15名くらい、カウンター席に着座、後客5名。先ずはメニュー検討、やはりここは好みの「濃厚とんこつ」から、今回は‘とん黒’(730円税込)を「大盛り」(120円)でイッテみる。

おねーさんに注文時、麺を3種類から選べるので「太麺」で、ライスサービスも提案されるが当然パス。そして供される「辛もやし」を突きながらスタンバる。この「辛もやしサービス」も定番で、シメジも入ってたりしてそのままイクのもいいし、ラーメンの具としても機能する。なかなかの太っ腹なサービスで、何気にポイントが高いのだ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、モヤシ、ホウレンソウ、ノリ、白髪ネギが、黒いマー油のかかった背脂の浮く豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。びっしりと張られた背脂に加え、多めのラード膜で表面をマスキングされた豚骨スープは、超アツアツ。例によって口内軽度に火傷る。今回は多めのマー油も加わってオイリー度数は高いのだが、この歳になっても全く「もたれる」と言う感覚を知らない胃袋を持ち合わせているので無問題。豚系アブラと豚骨の旨味とコクに満ちている。合わせられたカエシの塩分濃度も高めだが、強めの油分に対峙出来ているのでこちらも無問題。ー油でのガーリック・ビターなテイストが華を添える。マー油のガーリック・ビターなテイストも効いている。オイリー&ヘヴィーな豚豚感が席巻する実に美味い豚骨スープである。

麺は断面四角のちぢれのある中太麺。茹で加減硬めが良く、コシを伴ったゴワムチとした食感がイイ。ストロングオイリーにしてショッパーな豚骨スープにも負けていない。小麦のライトな風味も味わえる。実に美味い麺である。

具のチャーシューは、豚バラチャーシュー。厚切りで甘辛な醤油ダレの染み入った味付けが良く、ホロホロと柔らかで実に美味い。モヤシはシャキシャキ、濃厚スープに良く合うわ。ホウレンソウはしっとりとしていてイイ箸休め。ノリは磯風味が香る。白髪ネギはシャキシャキ、多めにあるので効果的なネギ薬味感を演出、これが実にイイ。

スープは流石にオイリー&ショッパーなので少しだけ残し。松本での昼ラーに突撃したこちらの店での「とん黒」。今回は「太麺」でイッタのだが、背脂とラードに加えマー油も加わったガーリックビターなテイストのオイリーな豚骨感たっぷりのスープにも対峙出来、「豚野郎」にして「セアブラー」には大満足の一杯であった。やはり不健康な食い物ほど美味いのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 29件

コメント

まだコメントがありません。