なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン 中(1.5玉) ※麺硬め +生キャベツ:サービス券」@豚骨醤油ラーメン まじめ家の写真12月某日、昼、本日は昨日までの東京での娘1号の引っ越しの疲れを癒すべく、午前中はフレックス勤務に。午後よりオフィス出社する前の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

安曇野~松本の農免道路の2kmくらいの間に幾つかのラーメン店、中華料理屋が立ち並ぶ、名付けて「安曇野農免ラーメンロード」沿いにある「横浜家系」の店。甘露醤油のコクあるスープがクセになる新興の家系店である。

12:10着、先客11名、カウンター席に着座、後客10名。早速、券売機にて私的定番の‘ラーメン 中’(750円税込)を「FREE BOOK」のサービス券で「生キャベツ」トッピングにてイク事に。

カウンター越しに食券を渡す時、麺の好みを前回突撃時に塩梅の良かった「麺硬め」でオーダーする。流石に既に人気店となっており、昼時でもあるので来客が次から次へと訪れる。私的にも家チカに家系が出来て都合がイイね!そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、ホウレンソウ、ノリ3枚、刻みネギ、そして生キャベツが、チー油の浮く豚骨醤油スープに乗っている。例によってトッピングの盛りがハンパ無い。

スープから。多めのチー油が垂らされたスープは結構アツアツ。そこには豚骨メインの炊き出し感があり、濃厚な動物系のコクと旨味は充分に味わえる。合わせられた醤油のカエシはややショッパーながらも、甘露醤油由来の独特のコクと旨味と甘味のある醤油感がある。この仄かな甘味を感じる家系豚骨醤油のスープが、こちらの店のスープのキモで、クセになりそうな旨味があるのだ。実に美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中太麺。茹で加減硬めとした事による粉っぽさを残すムチムチとした食感が実にイイ。小麦の香りも味わえる。濃厚スープとの相性も良好な、実に美味い麺である。「中盛」の麺量が丁度イイ。

具のチャーシューは豚ロースチャーシュー。柔らかな弾力のある肉質感が良く、薄醤油ダレの味付けでの豚肉の旨味を味わえる。ホウレンソウはシャクシャクとした歯応えを残す茹で加減が良くて美味い。ノリは家系らしくパリパリで磯風味が濃い。刻みネギの薬味感はやや希薄。トッピとした生キャベツの量が多く、柔らかパキバキ。そのままでも美味いが、スープ熱でしんなりとして甘味が出てから食うのもイイ。こちらの店、「信州麺屋 とんずら」と同様にトッピのボリュームがイイのである。

スープ完飲。午前中のフレックス勤務でオフィスに向かう途中の昼ラーで食ったこちらの店での「ラーメン」。それは地元松本の老舗、丸正醸造の「再仕込み甘露醤油」を使用したコクと甘味が後を引く豚骨醤油スープが印象的な実に美味い「家系インスパラーメン」。松本平の「家系インスパラーメン」として、私的には「信州五十六家 広丘店」「らあめん 寸八 総本店」に続く、Big3に食い込んだ感がある、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

コメント

チャーチル・クロコダイルさん、こんばんは。

(´-`).oO(そういえば今年になってから、家系食べていない・・・。)

チー油と、少しショッパーな豚骨醤油、これに野菜という組み合わせは良いですねー。

ぬこ@横浜 | 2019年1月7日 21:15

ぬこ@横浜さん、コメントありがとうございます。

横浜は至る所に色々な家系があってイイですよねー。信州には所謂直系は無いんですよね。
それでも松本周辺には家系インスパが多い中、こちらはなかなかイイ線言ってるんですよ。
家にも近いし、私的に使える店となりそうです、、、

チャーチル・クロコダイル | 2019年1月8日 21:53