なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「魚介系すた麺 (麺大盛り:日曜サービス100円⇒40円)」@さくら食堂の写真12月某日、昼、本日は昨日の松本に続いての諏訪でのゲンバ仕事。相変わらず例年に比べても明らかに暖冬傾向にあるが、昼ラーにはパワーを付けるべくガッツリとイキたい。突撃したのはこちらの店。

今年春にオープンした諏訪「麺屋さくら」の姉妹店。最近、ウリの「すた麺」にハマり、両店にてそのヴァリエーションを順次攻略しているからして、今回もそれ狙いの突撃をかける。

13:45着、先客4名、カウンター席に着座、後客2名。早速、メニュー表検討、狙いの「すた麺」から今回は‘魚介系すた麺’(800円税込)をイッてみたい。本日は日曜日で、こちらの店での曜日サービスでは「麺大盛り」100円が40円になるので、勿論これに浴する。

新調なったメニュー表を見ながらスタンバる。「すた麺」シリーズは「麺屋さくら」でもラインナップされているが、こちらの店のみ「ホルすた麺」なる品がレギュラー化されている。しかしこちらは苦手な牛ホルモンだから食う機会は無い。大好きな豚ホルモンなら良かったのに、と思っているうち、待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、たっぷりの豚バラ肉炒め、モヤシ、メンマ、刻みネギ、焦がしマー油が、豚骨魚介スープに乗っている。

スープから。少しくの背脂が混じったスープには豚骨主体の動物系のコクと旨味に加え、節系魚粉も混じっておりおり、魚介系の風味も強めに出ている。故にデフォの「すた麺」に比べて、「魚介系すた麺」らしい魚介感が強調されている。やがてマー油でのガーリック風味も加勢して来る。これがイイのだ。合わせられた醤油のカエシはややショッパーも、しっかりと豚骨と魚介を持ち上げているからして問題無し。課長のウマミも働きぶり良好にしてナイスフォロー。芳ばしいマー油の香る実に美味い豚骨魚介スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな太麺。茹で加減やや硬めが良く、ムチムチとしたコシのある硬派な粘着感がいつもながらにイイ。自家製麺らしい小麦の味わいも感じられる。この味わいがすこぶる良好。実に美味い麺である。

具の豚バラ肉はふわっとニンニクの香る薄塩味付の豚バラで、マー油とも絡みボリュームもあってスタミナバッチリ仕様。バラ肉はやはり美味いのだ。モヤシはシャキシャキの歯応えを残し、こちらも量があってイイ。メンマは薄味付けのサクコリ食感系。刻みネギの薬味感は良好に効いている。焦がしマー油は豚バラ肉は勿論、豚骨魚介スープにも効果的に関与、やはりポイントは高い。

スープ完飲。諏訪でのゲンバ仕事の昼ラーに突撃したこちらの店での「魚介系すた麺」。それは基本の「すた麺」のスープに魚粉を加えて文字通り魚介感を増した濃厚な豚骨醤油スープに、私的お気に入りの自家製麺を合わせた一杯。豚肉大好き「豚野郎オヤジ」もゴキゲンな豚バラ肉炒めもガッツリと乗り根癖になる美味さの豚骨魚介ラーメンでメチャ美味かった。こちらの「すた麺」シリーズ(除くホルすた麺)、リピート間違い無しだ、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

コメント

まだコメントがありません。