なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「まぜめん (大盛り)」@麺者我楽の写真12月某日、昼、本日は朝イチから先日展開した先輩の長野のとあるイベント会場の撤収作業。肉体労働も伴い、腹が減ったので松本に戻る途中の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

10年ほど前の長野担当時代にも「長野市での二郎インスパのラーメン店」として時々突撃していた店。久しぶりにガッツリとイクべくほぽ5年ぶりの突撃をかけてみる。

12:45着、先客2名、入口券売機(メニュー写真)にてチョイとメニューを悩んだ挙句、まだ食った事の無かった‘まぜめん’(800円税込)をプッシュ、腹ヘリなので「大盛り」(120円)も押してカウンター席に着座、後客4名。

店主に券を渡す時、「ニンニク普通」でコールする。基本店内のレイアウトは変わって無いが、壁には信州麺友会会員店のTシャツや常連客の名刺などが貼り付けられている。ところで今回の「まぜめん」、券売機横のメニュー紹介では「ベースはまろやかしょうゆ「節系油そば」です!」とあった。そして「女性に人気」ともある。あっさりなのか?そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、サイコロチャーシューたくさん、半熟玉子、野菜(キャベツ、モヤシ)、メンマ、刻みニンニク、刻みタマネギが、たらっと醤油ダレのかけられた汁なし麺に乗っている。

早速マゼマゼしてからガシッとイク。「節系油そば」と言う事であるが、底に張られた醤油ダレを含めて、全体的に油分が少なく、私的印象としては「油そば」では無い。また、あまりと言うか、ほとんど節系の主張は感じられない。合わせられた醤油のカエシはショッパーで、かけられているか醤油ダレの醤油感も鋭角的なテイスト。醤油の塩味は強めであるが、油分が少なめに加え、ニンニクも少なめなので、ジャンク度も低め。どちらかと言えばライトな豚骨醤油のタレでのあっさりめの汁なしである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減やや硬めが良く、相応のコシのあるムチムチとした食感がイイ。美味い麺である。「大盛り」としたが、正直、然程のボリュームは無い。このあたりも、この手の麺としてはジャンク度はおとなしめ。

具のチャーシューは豚ロースのコロチャーで大小合わせて15個以上はあり、ウレシイ。薄味付けも良く、豚肉の旨味を味わえる。半熟玉子はやや硬め。野菜はキャベツは少な目だが歯応えが残っていて甘い。モヤシはシャクシャク。メンマは薄醤油の味付けで、柔らかサクサクの食感がイイ。刻みニンニクは少な目、もうチョイあってイイ。刻みタマネギのシャクシャクの甘辛味がイイ薬味感となっている。

もちろん完食。長野の昼ラーに突撃したこちらの店での「まぜめん」。それは「節系油そば」と銘打った品であったが、正直、私の駄舌では「節系」をあまり拾えず、また「油そば」ほどの油っ気もマイルドで、ジャンク度は低めのテイスト。能書きに「女性に人気、おススメの一品」とあったように、塩分濃度は高めながらも、ライトなテイストのまぜそばであった、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

こんにちは。
私はJに節は合わないと思うので、それはそれでよいかと思いますが
「油そば」と銘打ったらどうみてもおかしい感じはします。
私も5回は行ったかな。強圧的な接客は改善されているのでしょうか。

mona2(短レビュ) | 2019年1月11日 15:53

mona2(短レビュ) さん、コメントありがとうございます。

私的には節操が無いので、J系に節が入っていてもイイんですけどね。
こちらの店、良く接客でのマイナスコメントを聞くんですが、私がチョイと強面にも
見える為か、今まで10回近くの突撃でもいたってフツーの接客です、、、

チャーチル・クロコダイル | 2019年1月11日 22:06